アドセンス

ファッションの歴史|井上刺繍教室

マリーアントワネットとフェルゼンは本当に恋仲だったのか

更新日:

王妃と外国貴族の恋。

それは成就できたのでしょうか?

歴史的な資料はあまり残っていない時代ですが、推測しつつお話しできたらと思います。

 

スポンサーリンク

熱烈な手紙

マリーアントワネットとフェルゼンとの間に交わされた手紙では暗号が使われています。

その暗号表はストックホルムのスウェーデン国立公文書館に所蔵されています。

 

手紙は革命の中で交わされたものですが、多くは公的でなく私的な内容でした。

 

マリーアントワネットからフェルゼンへ1791年6月29日に送られた手紙には

私は生きております。あなたのことが心配でなりませんでした。

私たちに関する情報を何も得ることができないあなたを、なんとお気の毒に思っていることでしょう。

神様がこの手紙をあなたのもとに届けてくれますように。

私にはお手紙を書かないでくださいませ。それは私たちを危険にさらすことになるでしょうから。

何よりもどんな口実であってもここにお戻りになりませんように。

私たちをここから連れ出したのがあなただということを人々は知っています。もし姿をお現しになれば、あなたが助かる見込みはないでしょう。

私どもは昼夜を問わず厳重に監視されています。

落ち着いてくださいませ。何事も起こらないでしょう。議会は私たちを丁寧に扱うつもりです。

メルシー伯爵を安心させてください。

さようなら、もはやお手紙を書くこともかなわないでしょう。

といういたって普通な内容に少し愛情がこもっているといったところでしょうか。

 

しかし、最後と言っておきながら1792年1月14日にはもう一度手紙を送っています。

長いので途中省略します。

私の愛する人、あなたに一筆だけ差し上げます。

これをあなたのもとに届ける者は、私たちが置かれている状況についてあなたにお伝えするでしょう。

[中略]

同様に、私たちがこれからどう行動するかを前もってあなたにお伝えすることがなぜ私にはなかなかできないのか、その理由も説明することでしょう。

使いはまだ戻ってきていません。

けれども私はあなたがいらっしゃる場所から便りをいただきたいのです。

皇帝の突然のこの声明はどういう意味でしょうか?

ウィーンもブリュッセルも私に対して深く沈黙しているのはなぜなのでしょう?

何が何だかわかりません。

しかし、よくわかっていることは、私に対して何も伝えないようにしているのが慎重な、もしくは政治的な判断からだとしたら、それはまったくの間違いですし、私を大いに危険にさらすということです。

というのは、私がこのように何も知らされていないなどとは誰も信じないでしょうから。

それでも、事と次第によってはこうした発言や振る舞いを控えることが必要になるかもしれません。

私がその者にメルシー伯爵に伝えるよう言いつけたものそのことなのです。

筆を置く前に記します。

愛する人、私はあなたを狂おしいほどに愛しています。

あなたをお慕いしない瞬間は、私の人生には決してありません。

これでも長いですが、中略の部分には革命政府が書いた意見書が嘘だということがつらつらと書かれています。

 

この手紙からわかることは、王妃が政治的な役割を果たしていた事と、フェルゼンへの想いです。

 

一通目は大した内容ではないですが、二通目は焦っていることを感じます。

政治的に急がなければならないこともありますが、自らの立場を危うく感じ、死も覚悟しているのでしょう。

彼女は伝えなければという思いがあったのか、フェルゼンへの愛を赤裸々に書いています。

 

 

 

スポンサーリンク
たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

事実的関係

では果たして事実的関係はどこまで行っていたのでしょうか?

2人が相思相愛だったことは間違いないと思います。

 

マリーアントワネットが「ジョセフィーヌ」という名前でフェルゼンに送っていた手紙には

私はあなたを愛しておりますし、いつもそのことだけを考えているとさえ申し上げることができます。

…さようなら、もっとも愛され、もっとも愛情あふれるお方。

心を込めてあなたを抱擁します

と書かれ、また、獄中からの最後の手紙には

すべてが私をあなたの方に導く

という語句が入った印象が押され、

この語句が今以上に真実であったことはありません

と書き加えられていました。

 

2人の間にたしかに愛はありましたが、しかし、それは精神的なものだった可能性が高いと思います。

 

三人目の子供であるルイシャルルはフェルゼンの子供ではないかと言われることもありますが、当時の性がオープンでプライバシーがなかったとはいえ、さすがに王妃となると人目が多すぎますし、現実的に肉体関係は結ばなかったと考えるのが妥当だと思います。

 

しかし、学者の中でも意見が分かれていて、プラトニックな関係だったと主張する人と、確実な愛人関係だったと主張する人がいます。

 

なぜなら、通常王妃は大勢の侍女にかしずかれているために、密会のしようがなかったですし、そんな考えもなかったでしょうが、マリーアントワネットは宮廷のしきたりよりも自分の考えや感情を優先させた人物だったからです。

 

しかし、フェルゼンはマリーアントワネットにとって、革命以前は楽しい時間の象徴であり、革命後は自らに尽くしてくれる象徴であって、マリーアントワネットを支え続けた存在であることに間違いはありません。

 

 

 

まとめ

マリーアントワネットとフェルゼンの間の関係はいまだにわかっていないので、推測でしか話せません。

 

現代のように情報が瞬時に伝わる時代に生きる私にとって、手紙でしか伝えられないことのもどかしさを感じますが、何百年もの時を経て、その時代の息吹を感じることができるのはこうして現存する手紙のお陰です。

私達の生きるこの時代が、数百年後に残せるロマンとはどのようなものになるのでしょうか?

 

この時代はすべてがはっきりとしていないからこそ、ロマンが生まれているのではないでしょうか?

 

様々な資料から読み解き、当時を思い、考えることがマリーアントワネットの1つの楽しみ方ではないでしょうか?

 

私は肉体関係はなかったと考えている派ではありますが、2人の愛は真実だったと考えてもいます。

やはり、ロマンチックな方が聞いていてワクワクしますからね!

 

情報過多な今の世の中で、このように見えていないものを考える価値をもう一度これを機会に振り返ってみてはいかがでしょうか?

いいねした人は
売り上げアップ!

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

SG

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
喜代美

喜代美

(財)日本手工芸作家連合会認定助教授です。第42回創作手工芸展で特別賞授賞を頂き、2017年4月イタリア国際アルテ・ラグーナ賞を受賞したインスタレーションアーティストの木村奈央さんと、初のコラボ作品を展示。大変好評をいただき、刺繍作家としての活動にも精力をそそいでいます

-ファッションの歴史|井上刺繍教室

Copyright© 大人が遊ぶ株式会社 , 2019 All Rights Reserved.