アドセンス

ファッションの歴史|井上刺繍教室

マリーアントワネットの恋愛の真実

更新日:

マリーアントワネットは美しく多くの人を魅了しました。

マリーアントワネットの恋愛話に関しては多くの説があります。果たしてどこまでが真実なのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

モーツアルトまで魅了

"神童"と呼ばれたモーツアルトは、6歳の時から父親とともにヨーロッパ各地に演奏旅行に出かけていました。

(元: ハプスブルク恋物語)

そんなモーツアルトはウィーンの宮廷に訪れて演奏した事もあります。

1762年10月、マリーアントワネットが7歳の時でした。

演奏が宮廷中の人々を感嘆させたのはもちろんですが、マリーアントワネットの母親で女帝でもあるマリアテレジアの膝に飛び乗り、首に抱きついて何度もキスをしたようです。

 

マリーアントワネットとモーツアルトの出会いには2パターンあります。

モーツアルトがピカピカに磨き上げられたシェーンブルン宮殿の床に足を滑らせて転び、助け起こしてくれたマリーアントワネットにお礼に

「大きくなったら僕のお嫁さんにしてあげる」

といったパターン。

 

もう1つは

「君をお嫁さんにするのは僕だよね?」

といったモーツアルトに対し

「そうよ、あんたよ、他の人じゃダメ」

と答えたパターンです。

 

 

 

スポンサーリンク
たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

ルイ16世との仲

ルイ16世が内向的だったのに対し、マリーアントワネットは活発な女性でした。

(引用元: ハプスブルク恋物語)

しかも、ルイ16世はなかなかマリーアントワネットに手を出さなかった、というよりかは出せませんでした。

こういう話が嫌いな方には申し訳ないですし、書くのも気が引けるのですが、ルイ16世は包茎だったという事が原因でした。

性格も不一致で夜の営みも出来ず、マリーアントワネットは寝室の隠し扉からつながる隠し部屋の窓から度々抜け出し、お忍びで遊びに出かけたり、舞踏会や賭け事に熱中したりする事の原因にもなりました。

 

マリーアントワネットの兄のヨーゼフ2世が、ルイ16世に手術を受けるように説得したことにより、結婚から7年後ようやくその日が訪れました。

マリーアントワネットは、マリアテレジアへの手紙に

"私は生涯最高の幸福に浸っています"

と記しました。

 

そしてその翌年、子供が誕生しアントワネットのお遊びは少し落ち着きを見せましたが、相変わらずな部分もありましたので世間の評判は変わりませんでした。

 

ルイ16世は、夫としては堅実的な夫でもありました。

愛人を作らないことは当時のフランス王朝からしたら異例のことです。

 

マリーアントワネットは革命に遭遇したために一国の王妃から一介の死刑囚になりましたが、死刑囚になってからの王妃の態度は威厳があり血筋を感じさせるものでした。

"不幸のうちに初めて人は、自分が何者であるかを本当に知るものです"

マリーアントワネットがルイ16世を本当に愛したのは、何もかも失ってタンプル塔に幽閉された後のことでした。

(引用元: ハプスブルク恋物語)

もしマリーアントワネットがルイ16世の精神的資質、包容力、優しさにもっと早く気づく事ができていたならば、革命は起こり得なかったのかもしれません。

 

 

 

最愛の人

マリーアントワネットとフェルゼン伯爵の恋は有名すぎるものです。

(引用元: ハプスブルク恋物語)

オーストリア女と呼ばれたのもこの恋愛が大きかったと言われています。

 

マリーアントワネットとフェルゼン伯爵が恋仲ではなかったと語る人もごく稀にいますが、マリーアントワネットが革命後にフェルゼンに送った暗号化された手紙や、フェルゼンが書いた手紙などを読むと、少なくとも愛し合っていた事は事実である事がわかります。

 

マリーアントワネットとフェルゼンが出会ったのは1774年1月、駐在スウェーデン大使に導かれてヴェルサイユ宮殿にフェルゼンが謁見しに来た時でした。

マリーアントワネットとフェルゼンはまだ18歳でした。

フェルゼンはすらりと背の高い好青年でしたし、1月末に行われた仮面舞踏会ではマリーアントワネットの方からフェルゼンに積極的に近づいたといいますから、一目惚れ的なところもあったのではないでしょうか?

 

その後フェルゼンはすぐに帰国し、2人が再会したのはその4年後でした。

ところが、フェルゼンはアメリカの独立戦争に参加した事でまた3年間フランスを留守にしました。

それでも、フェルゼンはフランスにいる間に足繁くマリーアントワネットの元へ通いました。

噂が立つのもそう難しいことではありませんし、自然な事でした。

 

普通王妃のお気に入りになったら老若男女問わず自慢しまくると思います。

しかしながらフェルゼンはマリーアントワネットの一番のお気に入りでありながら一番控えめな人だったとも言います。

フェルゼンはルイ16世によってスウェーデン近衛連隊の連隊長、つまり大佐に任命されますが、その裏にはマリーアントワネットの後押しがあったようです。

 

革命後、貴族たちが次々と亡命していく中、フェルゼンはフランスに残りました。

フェルゼンは妹に宛てた手紙に

"私は時々友人(王妃)に会っています。会うのは王妃の居室で、いつでも自由に行けます…。その行動、勇気、心根からいって、彼女は天使です…。私といるとき、彼女はしょっちゅう泣きます。愛さずにはいられないことがおわかりでしょう。"

と書いています。

 

ヴァレンヌ逃亡事件の時も手助けしたのはフェルゼンでした。

フェルゼンはマリーアントワネットがタンプル塔に幽閉された後も、マリーアントワネットの救出に奔走しましたが、オーストリアや他の国の協力は得られず、マリーアントワネットは処刑されてしまいました。

 

フェルゼンはその後スウェーデンに帰国し、王国元帥にまで上り詰め栄華を極めますが、生涯独身を貫きました。

1810年、スウェーデン王室内の内紛に巻き込まれ、王太子毒殺の嫌疑をかけられ、王太子の葬儀の日に民衆に虐殺されてしまいます。

(引用元: ハプスブルク恋物語)

なんとその日は6月20日、ヴァレンヌ逃亡事件からちょうど19年後の事でした。

 

 

 

まとめ

多くの人を魅了してきたマリーアントワネット。

しかし、結婚生活は恵まれず、フェルゼンとの関係には友達感情以上のものがあったことも確かだったとは思います。

しかし、それは実際どこまでいっていたのでしょうか?

どこまで行きましたよという正確な資料は残っていませんが、次回推測していきたいと思います。

いいねした人は
売り上げアップ!

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

SG

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
喜代美

喜代美

(財)日本手工芸作家連合会認定助教授です。第42回創作手工芸展で特別賞授賞を頂き、2017年4月イタリア国際アルテ・ラグーナ賞を受賞したインスタレーションアーティストの木村奈央さんと、初のコラボ作品を展示。大変好評をいただき、刺繍作家としての活動にも精力をそそいでいます

-ファッションの歴史|井上刺繍教室

Copyright© 大人が遊ぶ株式会社 , 2019 All Rights Reserved.