アドセンス

サーフィン

対決!ローカルVSビジター~そこにある3つの心理~

更新日:

いきなりこんなタイトルですがローカルサーファーとビジターサーファーが対立しているというわけではありません。

ただ意見の相違がないのかといえばそうではありません。

ローカルサーファーとビジターサーファーでは立場が違うので仕方ないことなのだと思うのですが、

大多数のサーファーの人たちはみんなで仲良くサーフィンをしたいと願っていることは事実です。

ではなぜ、ローカルサーファーとビジターサーファーで意見の相違が出来てしまうのか?

今回はそのあたりについて考えてみましょう。

皆さんも一緒に考えてみてください。

ファーフィンをしてる上で皆さんも色々な意見をお持ちだと思います。

それではどのような意見があるのか見てみましょう。

 

スポンサーリンク

ローカルサーファー

ローカルサーファーとは地元のサーファーやそのポイントをホームとして活動しているサーファーのことを言います。

よくローカルサーファーをリスペクトしましょうという話が出てきますがそれはなぜでしょう。

よく言われているのがローカルサーファーの人たちが周辺住民との潤滑油になっているということです。周辺住民との摩擦が起きないように細心の注意をも払っています。

ですが、それだけではありません。

ローカルサーファーはビーチクリーンやボランティア活動などその活動範囲は広いです。

平日にそのような活動があれば会社を休むなどして参加している人たちもいます。

時には、駐車場不足などの問題が出た場合、周辺住人や会社・行政・漁業組合などと協議して駐車場を借りたり新しく作ったりもしています。

地元の方たちに話を通してローカルサーファーの方たちが有志を募って自分たちで駐車場を作ることもあるそうです。

ローカルサーファーはその海に何年も入っているので、海底の地形や危険なポイントも熟知しておりローカルサーファーが注意してきたときは耳を傾けるべきです。

また、海で事故などがあったときは救助活動にあたったり、海での危険を未然に防ぐためパトロールしたり、秩序を乱さないよう見守ってくれてる頼もしい存在です。

 

スポンサーリンク
たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

ビジターサーファー

ビジターサーファーは簡単に言うとローカルサーファー以外のサーファーのことを言います。

地元にポイントがない人や入るポイントが定まっていない人などもビジターサーファーに含まれます。

ローカルサーファーもホームを離れ違うポイントに入ったときはビジターサーファーになります。

ビジターサーファーの移動手段は主に自動車や電車で時間をかけて海に向かう人が多いと思います。

 

ポイント内外で起こる様々な問題

サーフィンは主に一人で楽しむものですが周りには他の人達もおり、どうしても他の人達とも関わりを持つことになります。

関わりを持つということは意図するしないに拘わらず問題が発生してしまうこともあるのです。

主な問題として、

  • ポイント周辺での違法駐車
  • 夜間における花火やエンジンの騒音・話し声
  • ゴミを持って帰らずに放置する
  • タバコのポイ捨て
  • ローカルサーファーしか入れないポイント
  • サーファー同士の喧嘩

など

まだあると思いますがこんなところではないでしょうか。

これらの問題に対してローカルサーファー、ビジターサーファそれぞれの意見を見てみましょう。

 

ローカルサーファーの意見

ローカルサーファーの意見として、

  • 違法駐車は止めてほしい
  • ゴミを出したのなら自宅まで持ち帰って欲しい
  • 騒音など出さないでほしい
  • ルールやマナーを守ってほしい

など

周辺の住民に迷惑のかかるようなことは止めてほしいというものが多いです。

ローカルサーファーのこの意見はごもっともだと思います。

これらの意見は人として当然のことをしてくださいねと言っているだけです。

そんな人として当然のことすら守れないような人は海に入る資格すらないと言わざるを得ません。

皆さんはどうお思いでしょうか。

 

ビジターサーファーの意見

ビジターサファーの意見として

  • ビジターサーファーを閉め出さないでほしい
  • 波の優先権がローカル優先なのはおかしい
  • ローカルのルールが有るのなら明示しておいてほしい
  • 威圧的な態度を改めてほしい
  • ルールやマナーを守ってほしい

など

海は誰のものでもないのだから皆で楽しみましょうというものが多いです。

そうですね。確かに海は誰のものでもありません。

皆が楽しめる環境ができたら素晴らしいことだと思います。

 

これらの意見に対してローカルサーファー、ビジターサーファーの解答や主張はどのようなものでしょうか。

主にビジターサーファーの意見に対してのローカルサーファーからの解答や主張が多いように思います。

ローカルサーファーの意見に対しては人として当然のことだと思いますのでここでは省きたいと思います。

 

ローカルサーファーの主張

ローカルサーファーは海や周辺地域を守るために様々な活動をしている。

何か問題が起これば苦情はローカルサーファーのところに来る。

それまでにポイントとしての人数が適正だったのにも拘わらず、人が増えすぎてポイントとして成り立たなくなってしまう。

ローカルオンリーやシークレットと言われているポイントは、海底や潮の流れなどで目に見えない危険があったりするので、そのポイントを熟知している人と入ってほしい。

またそのようなポイントはブレイクするところが極端に少なく、すぐに定員オーバーしてしまうので雰囲気を察して入ってきてほしい。

前述のように危険なポイントが多いのでライディング中は集中することが多く、他に目を向けることも難しくなってしまうので、初心者やポイントを熟知していない中上級者も海に入るのは遠慮してほしい。

事故などが起きたときはローカルサーファーが救助することも多く、自分の技量にあったポイントで楽しくサーフィンをしてほしい。

など

ほとんどの解答や主張はビジターサーファーのことを思ってのもとなっています。

 

皆で楽しくサーフィンをしたい

ここまでローカルサーファー、ビジターサーファーの意見や解答・主張をお話してきました。

サーファーの願いはローカル、ビジター問わず同じです。

皆仲良くきれいな海で怪我なくサーフィンを楽しみたい!

これだけなのです。

中には心無いサーファーもいることと思います。

そのようなサーファーには海に入ってほしくはないですし迷惑です。

そのようなサーファーに暴力ではなく平和的に注意できれば良いなとも思います。

ここで書かれたものの他にも様々な意見や主張があると思います。

皆さんの思っていることを忌憚なく発言してもらえたら幸いです。

いいねした人は
売り上げアップ!

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

SG

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

-サーフィン

Copyright© 大人が遊ぶ株式会社 , 2019 All Rights Reserved.