商売人の紹介と【ブログの書き方】を教える学校

商売人アフィリエイト大学

パソコン情報 パソコン教室キュリオステーション

MOS2010(モス2010)の特徴について受けてみた感想をレビューします

更新日:

今日はMOS2010(モス2010)についての話をしてみたいと思います^^

私自身パソコン教室のインストラクターですがこのそれぞれのバージョンの試験の特徴をよく知っております。それぞれ特徴があるのでその特徴の話をします。

MOS試験は大きく分けて3パターンある

もうすぐは大きく分けて全部で3パターンございます。

2010年版

2013年版

2016年版

と言うようにそれぞれ分かれています。大きな特徴がありますが、2010年版と言うのはざっくり言うとクイズのようなものです。詳しく話をしていきたいと思います。

クイズと言うのはざっくり言うと一問一答形式です。

1から全部作っていくと言う感じのものではありません。では、どういうものかと言うと、ある程度作ってあるファイルが出てきます。

そのファイルに対して、1問1問解いていくと言う感じです。

例えばで言うと

「この”パソコン”と書いてあるところを”太字”にしてください」

終わり。

こんな感じです。

このような問題が、全部で25問程度出てきます。なので、よく言われる質問で言うと

「文字を入力するスピードが遅いので私にはMOS資格を取るのが厳しいと思います」

って言う感じで言われることが多いんですがそんな事はありません。

文字を入力するスピード遅くても絶対に大丈夫です。

MOS2010の感想

モス2,010の感想ですが、幅広い意味での基礎力をつける事ができます。多くの資格がありますが、その部分は非常に優れています。

パソコンと言うのはそもそも「どんな機能があるか?」っていうの知っておけばある程度何とかなるものなんです。それを知らないから苦労する。でもどんなものか分ればなんとかなってくるものです。

なので、どこまでどんな機能があるのってことを知るためには非常に最適な試験になります!

まずは、その「文字を入力するスピードをあげる」とかそういったことでは、なくてパソコンで何が出来るかをしるという「出来る範囲を学ぶもの」と言う感じで考えてみてください^^

幅広い意味での、基礎力を試す為にチャレンジして見られると良いと思います。

もしも会社とかで、「パソコンが苦手で使うのが苦痛だな」と思われたら、ぜひこのMOS試験にチャレンジしてみるとある程度どんな機能があるか覚えられると思います。

ぜひ試してみてください^^

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
curio-midorii

ミスターしかっち

人気のパソコン教室を広島と静岡で2店舗運営する。自宅にいながら、レッスンが出来る「遠隔レッスン」も人気。元々「パソコンが大の苦手だった」というユニークな経歴の持ち主が、超初心者にわかりやすくパソコンを教える。無料ユーチューブ動画の「ミスターしかっち」も大人気。

-パソコン情報, パソコン教室キュリオステーション

Copyright© 商売人アフィリエイト大学 , 2018 All Rights Reserved.