商売人の紹介と【ブログの書き方】を教える学校

商売人アフィリエイト大学

ITやっている自営業 サーフィン

サーフィン初心者の覚えておきたい8つのルールとマナー

更新日:

もう少しで待ちに待った夏到来です。

今年の夏はサーフィン始めてみようかなと思う人もいるでしょう。

興味が有ることは尻込みせずどんどんやってみましょう。

サーフィンを始めるだけで健康的な体と心を手に入れられるのでぜひサーフィンを始めてみてくださいね。

前回の記事、サーフィンは三文の得!?を参考にしてみて下さい。

 

サーフィンは楽しいスポーツです。文化という方がしっくり来るかもしれないですね。

スポーツというからには当然ルールも存在します。

ですが、一般常識を持ちあわせていれば、あーなるほどなと思うことばかりですのでそんなに気負わなくても大丈夫です。

 

そのルールというのは、

  • ワンマンワンウェイブ
  • 前乗りしない
  • スネーキングをしない
  • ライディングの邪魔をしない
  • 板を離さない
  • サーファーの後ろにはつかない
  • ゴミは持ち帰る
  • 近隣住民に配慮する
  • ローカルサーファーをリスペクトする

となどがあります。

 

スポンサーリンク

ワンマンワンウェイブ

これは「1つの波に乗れるのは1人だけですよ」という意味です。

三角形の波ができて左右に波が割れる場合は左右に1人ずつ波に乗ることができます。

これはサーフィンの基本的な約束事なので特に気を付けたいところです。

 

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

前乗りしない

前乗りはドロップインとも言います。

波には優先権というのがあります。

ピーク(波の割れ始めるところ)により近いところでテイクオフ(板の上に立ち上がること)した人が優先権を持つことになります。

この前乗りというのは、自分よりピークに近い人がテイクオフしているにもかかわらず、ショルダー(これから波が崩れるところ)からテイクオフすることを言います。

前乗りすることによってライディングの邪魔になるだけでなく、衝突による怪我にもつながります。

大変危険な行為なのでテイクオフする際は周りに十分気を配り、自分よりピーク側の人がテイクオフしていないか確かめましょう。

もし、前乗りしてしまった場合は素直に謝りましょう。

 

スネーキングしない

この行為は悪意を持ってやっているとみなされます。

スネーキングとは、あるサーファーがテイクオフしようとしている前を横切ったりパドリング(水をかいてボードを漕ぐこと)の邪魔をして波を横取りする行為を言います。

重大なルール違反であり恥ずべき行為です。

いい波に乗りたいのは皆同じです。

譲り合いの精神で気持ちよくサーフィンを楽しみたいものですね。

 

スポンサーリンク

ライディングの邪魔をしない

ゲッティングアウト(沖に向かうこと)中にライディングラインにいることは大変危険です。

ライディング中のサーファーの邪魔にならないように波に乗ってくる前を横切らずサーファーの後ろを通過するようにしましょう。

上級者のサーファーでしたら避けたりプルアウト(ライディングをやめ波に裏側へ退避すること)することもできるでしょうが、そうではないサーファーですと避けきれず衝突する可能性があります。

サーファーの後ろを通過することでブレイクした波を受け、ゲッティングアウトしづらくなりますがそれがマナーだということを覚えておくとよいでしょう。

それが嫌なら素直に空いている方に移動したほうが懸命です。

 

スポンサーリンク

板を離さない

サーフィンをする時はパワーコード(リーシュコードとも呼びます)を着けることが必須となっていますが、ワイプアウト(転倒すること)やボードから降りるときは

ボードを離さないようにしましょう。

また、パワーコードが切れてしまったり外れてしまうこともあります。

あまりパワーコードだけに頼るようなことをしないようにしましょう。

もしゲッティングアウト中に前のサーファーのボードが波に押されて迫ってきたとしたら怖いですよね。

常に周囲に配慮し、波を超えられるか後ろに他のサーファーがいないか確認しましょう。

もし波を超えることができず押し戻されるようなことがあれば無理してそこでは入らず空いているところへ移動しましょう。

波を超えられずボードに乗ったまま後ろのサーファーに衝突・・・そんなこともあるかもしれません。

 

サーファーの後ろにはつかない

前項でもお話したとおり、サーファーの後ろにいると波が超えられず押し戻されたサーファーと衝突したり誤って手を離れたボードに衝突したりということがあります。

サーフィンには周りに迷惑をかけないように怪我させないようにと色々なルールやマナーがありますが、最終的には自分の身は自分で守らなければなりません。

予め危険を予測し、危ない目に合わないようにしましょう。

怪我した方も怪我させた方も気持ちが落ち込みますからね。

 

ゴミは持ち帰る

わたし達サーファーは、波で遊ばせてもらっています。

その海に感謝の気持を持つことは大事なことです。

サーフィンを通して楽しい時間を過ごしたり、自分を成長させてくれる海を大切に守っていきたいものです。

海や浜にゴミを捨てないことは当然ですが、もしゴミを見つけたら拾ってゴミ箱に捨てるように心がけましょう。

ゴミを出したら自分で責任をもって持ち帰りましょう。

途中、コンビニエンスストアやガソリンスタンドで捨てる場合は常識の範囲で捨てるようにしましょう。

「来た時よりも綺麗にして帰る」を心がけていきましょう。

 

近隣住民に配慮する

違法駐車しない

サーフポイントには多くのサーファーが集まります。

そのほとんどが車で向かいますが駐車スペースが無かったりすることも多いです。

そんな時、民家の前やコンビニエンスストア、他人の土地や路上に勝手に止める違法駐車の問題が後を絶ちません。

大体のポイントは地元の住民の方たちが駐車場を確保してくれていることも多いので必ず駐車場に止めるようにしましょう。

車上荒らしやトラブルに巻き込まれることもあり路上駐車等は絶対やめましょう。

 

騒音を出さない

サーファーの中には夜のうちにポイントに向かっていく人もいます。

ポイント周辺は大抵、静かなところが多く少し音を出しただけでも周りに響きます。

そのポイント周辺の近隣住民の安眠を妨害する権利はわたし達にはありません。

ポイント周辺の駐車場に車を止めたらエンジンを止め、カーステレオなどの音も消すようにしましょう。

また、浜辺で花火等をして騒ぐのもやめましょう。

浜辺で花火をやることを禁止しているところも多くあります。

 

他のサーファーをリスペクトする

他のサーファーたちもいい波に乗りたいと思っています。

自分より下手だからといって波を横取りしたり、年配の方や女性・子供に邪魔だと言って威圧的な態度をとったりすることは大変迷惑であり恥ずかしい行為です。

そのような迷惑行為を行っていると雰囲気が悪くなり、周りのサーファーからも嫌われます。

海の中では、ルールやマナーを知らない初心者に教えられるような気持ちの余裕が求められます。

また、自分よりも体力のない女性や子供達に配慮しつつ、時には声をかけてあげる優しさも必要です。

波を奪い合うのではなく譲りあうくらいの気持ちで楽しくサーフィンが出来るといいですね。

 

まとめ

サーフィンを楽しめているのは、これらのルールやマナーをサファーたちが守っているからです。

これらのルールやマナーは先人たちが築きあげたサーフィンを安全に楽しむための知恵です。

あなたもこれらのルールやマナーを実践して楽しいく安全にサーフィンをやってほしいと切に願います。

 

ご参考になれば幸いです。

-ITやっている自営業, サーフィン

Copyright© 商売人アフィリエイト大学 , 2018 All Rights Reserved.