経営の本質

アクセスの上がるブログのタイトルのつけ方7つ

数字と筆の画像

ブログってタイトルがとても大事なんですね

 

なぜかというとタイトルが悪いと開いてもらえない。

 

本文を読むとこまでいかない。

 

だからもったいないんですよね。

 

せっかく良い文章書いてるのに、タイトルが良くないからアクセス上がらないってよくある。

 

反対に考えるとタイトル変えたらアクセスが劇的に上がることもよくある。

 

そしてブログの良いところはいつでもタイトルを変えれるってこと。

 

アクセスの上がっていない過去記事はタイトル見直してみたらいいかもしれないですね。

 

今日はSEOを意識したタイトルのつけ方。

 

タイトルを付けるときに外してはいけないポイント7つ

 

興味を引くタイトルであること

あなたも興味をひかないタイトルってクリックしないですよね。

思わず読みたくなるようなタイトル、ポチっとせずにはいられないタイトルが最高。

タイトルと内容がマッチしていること

タイトルをみて良さそうだなぁと思って本文読んだら何かタイトルと文章がずれている。

これどうなるかというと文章に違和感を感じて離脱するんですね。

読まれないってこと。

読まれないブログは評価が上がらない。

タイトルはすごい大きいこと書いて興味を引いたけど本文がしょぼいとか。

アルゴリズムをなめてはいけない

キーワードを必ず全部入れる

ポイントはキーワードを必ず全部入れるってこと。

タイトルと見出しはグーグルに対するアピール。

このブログにはこんなこと書いてますよー

このキーワードについて書いてるんですよーていうこと。

Googleは目で見て記事を評価するわけではない。

クローラーていうので記事を見に来てアルゴリズムという順位を決めるプログラムで記事を評価する

その時にタイトルや見出しにキーワードが入ってないと良い記事とは判断されない

これしないと順位が上がることはない。

タイトルを見ただけで内容が想像できる

何が書いてあるかよく分からないタイトルをみて内容を読もうと思わない

内容が想像できる、それを凝縮したタイトルにする

読んだ人に対するベネフィット(メリット)が分かる

検索サイトでタイトルを見たときどんなタイトルをポチっとしますか?

自分に関係のありそうなタイトル、その欲しい情報が想像できるタイトルですよね

探す方の気持ちになってタイトルを付ける

数字を入れる

タイトルに数字を入れることで具体性や信憑性をあげることができる

例 使いやすい手帳を選ぶポイント

→使いやすい手帳を選ぶ3つのポイント

ユーザー目線で書く

タイトルの文字数には限りがある

特に表示されるのは32文字だけ。

その32文字にできるだけ分かりやすく伝えたいことは全部入れる。

誰に読んでほしいのか?

その人はどんな情報が欲しいのか?

読むとどんなベネフィットがあるのか?

全てユーザー目線で考える

画面の向こう側には人がいるってこと

 

 

6月25日(月)初心者向け無料ブログ勉強会

【ウェブ集客のすべてが学べる学校】

アフェリエイト、ブログ集客、パソコン操作を覚えたいあなたへ

→【商売人アフィリエイト大学とは?】

質問はこちらからどうぞライン@@kishiroでも検索していただけます。

いいねした人は
売り上げアップ!

-経営の本質

Copyright© 大人が遊ぶ株式会社 , 2020 All Rights Reserved.