集客できるブログの書き方を教えるウェブ学校

商売人アフィリエイト大学

杉本接骨鍼灸院 栄養・糖質・体質

「くら寿司」なら糖質オフメニューで完璧ダイエット!

投稿日:

お寿司が嫌いという日本人を探すのはなかなか難しいかもしれません。

お寿司はお刺身を使っているということもあり、低カロリーで太りにくく、健康的なイメージが確かにあります。

しかし糖質制限的に言うと白米も使われているし、酢飯に砂糖を使われているのでなかなかの糖質量です。

だから普段は食べないように当院でも指導しています。

でもお寿司と言うと、少し特別な機会であったり、家族団欒のために食べることが多いので、避けられない場合もあります。

そういった時に糖質制限的にお寿司を食べても良い量の把握の仕方とおすすめの食べ方、さらにお店をご紹介します。

スポンサーリンク

お寿司に含まれる糖質量

マグロ 15.9g
あじ 15.9g
サーモン 15.9g
カンパチ 15.9g
甘エビ 15.9g
エビ 15.9g
ホタテ 16.5g
イカ 15.9g
アナゴ 16.5g
たまご 19.6g
数の子 16g
ネギトロ軍艦 15.9g
ウニの軍艦 19g
いくらの軍艦 16g
かっぱ巻き 21.2g

上の表はにぎり2貫の糖質量ですので、一貫しか食べないなら半分の糖質量になります。

とはいえ、お寿司屋さんに行くと10貫ぐらいは女性でも食べると思うので、糖質量としては80から100 g ぐらいは摂取してしまうことになります。

ヘルシーなイメージで食べていても血糖値はすごく上がってしまいますので注意してください。

お寿司の場合は上に乗せられるネタの問題よりも、シャリに問題があります。

穴子などの甘く煮詰めたタレを使っているようなお寿司は、更に注意が必要になります。

お茶を飲みながらであればいいですが、日本酒やビールを飲んでいるとさらに糖質量は上がっていきます。

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

回らないお寿司屋さんでの対処法

本来の回転しないお寿司屋さんでは、お寿司を注文せずに、刺身の盛り合わせや天ぷらなどを食べるようにすれば、糖質はかなり避けられると思います。

他に赤だしなどのお吸い物もありますし、それだけで十分にお腹を満たすことはできます。

ダイエット中以外であれば、上記の表から糖質量をある程度把握して食べるのも一つの手です。

普通のお寿司屋さんであれば焼き魚なども調理してくれるでしょうから、ダイエットを気にしながらのお寿司であれば回らない方がいいかもしれません。

回転寿司に行くなら

現在確認できている糖質制限的お寿司を扱っているのが「無添くら」です。

「くら」にはシャリプチ、シャリ野菜、糖質オフ麺 などの糖質オフメニューがあります。

簡単に言うとシャリプチはシャリが半分カットされています。

基本的には全種類の握りでシャリプチ対応をしてくれるとのことです。

確かにシャリが半分であればそのぶん色々なお寿司を楽しむことができますし糖質制限的にも嬉しいですよね。

お値段も一皿100円でお得です。

シャリ野菜は文字通り、シャリが野菜になっています。

私が食べたのは大根の酢漬けがシャリの代わりに使われていました。

シャキシャキの酢漬けの大根でそれはそれで美味しかったですが、やはりお寿司とは少し違うかなという感想です。

サラダチキン、エビ、ビントロのラインナップが揃っています。

こちらもお値段一皿100円です。

次にお寿司屋さんでもラーメンを扱うところが増えてきたのですが、「くら」のラーメンも人気商品です。

糖質オフ麺はこんにゃくを使用した麺で、糖質を気にする方にはおすすめです。

個人的にはこんにゃく麺はあまり美味しく感じません。

そこまでしてラーメンを食べなくても良いというのもありますが、こんにゃく独特の風味とラーメンが合いません。

こんにゃくは大好きなんですが・・

スポンサーリンク

まとめ

自分一人であれば我慢すれば済むことですが、家族で外食、少し特別な機会ではお寿司を食べることが多いかもしれません。

そういう時に糖質制限ができるお店を一件でも知っていれば、安心してみんなと食事を楽しむことができます。

もしくはどうしてもお寿司を食べないといけない場合には、前後の3日で糖質量を抑えれば、健康な人であれば問題がありません。

少し前にネットニュースにもなっていましたが、糖質を気にするあまり、お寿司屋さんでシャリを残すと言うことが話題になっていました。

私はそこまでして糖質制限をする必要はないと思っています。

しないといけないのであれば行かなければいいだけの話。

わざわざ行ってシャリを残すっていうのももったいない話ですし、マナーに反すると思います。

ということを考えると、「無添くら」のような取り組みはお客さんのニーズに合っていると思います。

一番良いのは、お寿司を食べに行く時ぐらいは存分に食べれるような体作りを普段からしておくべきことだと思います。

今のところ糖質制限メニューを置いているのが「無添くら」が定番になっています。

ネット上で調べても他の回転寿司のお店が糖質メニューを出しているということが見つかりません。

もし今後見つかれば追記かレビューをしたいと思います。期待して待ちましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぎとし

杉本接骨鍼灸院院長、杉本 敏男です。ダイエットと腰痛治療を専門の治療院を経営しています。皆さんに健康になっていただきたく、栄養と痛みに関する正しい情報を発信しています。糖質制限実践者ですが、たまに羽目を外します。趣味はボルダリング。子供が3人で賑やかなのが好きです。 資格:柔道整復師、はり師・きゅう師、柔道整復師専科教員

-杉本接骨鍼灸院, 栄養・糖質・体質

Copyright© 商売人アフィリエイト大学 , 2018 All Rights Reserved.