アドセンス

サーフィン

パドリングに必要なのは?パドル筋?バランス?どっち?

パドリングというのはサーフボードを手で漕いで進むことを言います。

海の上においてパドリングは唯一の移動手段となるので、是が非でも出来るようになりましょう。

私たちが普段歩くような感覚でパドリングが出来るようになるとサーフィンはもっと楽しくなります。

 

スポンサーリンク

パドリングの基本姿勢

パドリングの基本姿勢は胸を反り、顎を引き、足を揃えるというのが普通です。

左右のバランスは板の中心線に沿って体を乗せ、前後のバランスは前後の重量の中心点に臍のあたりを乗っけるようにします。

ですが初心者のうちは胸を無理やり反らせば、力が入りすぎ上手くバランスが取れなかったり、腕や肩が回せなかったりします。

顎を引くも同様です。やはり力みすぎれば良いことはありません。

足を閉じるのもバランスが取りづらくなるので、初心者には難しいことかもしれません。

では、どうすれば良いのか。

 

スポンサーリンク
たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

集客にお困りではありませんか?

  • 反応を取るチラシ3つのポイント動画集【3部作】
  • 反応率2%を出したのチラシテンプレート3種
  • 理想通りの良質なお客様、患者さんだけを集めるテクニック事例集

こんな悩みを解決するための、商売人の売上アップまとめ動画はこちら

詳しくみてみる

パドリングはバランスが大事

パドリングで大事なのは何よりもバランスが取れているかになります。

上手にバランスを取るためには体に力を入れずリラックスすることです。

力を抜いてゆったりした気持ちでパドリングしましょう。

特に初めのうちは無理に胸をそらすことをしなくても良いと思います。

無理のない範囲で胸を反らし、軽く顎を引くらいで良いのではないでしょうか。

足も無理に閉じず力を抜いて軽く広げても構わないと思います。

慣れてきましたら、もう少し胸を反るようにして足も閉じるようにすれば良いとお思います。

胸を反らし方が上の方にあることで、腕や肩が回しやすくなり、更に楽に早くパドリングが出来るようになります。

 

腕の動作

パドリング中の腕の動作は水泳のクロールの動作に似ています。

サーフボードの横に沿って腕を前方から後方へ動かしていきます。

水泳のクロールでは水中でS時に動かすということを習った人は多いはず。

ですがそれも今手は一直線に前から動かすほうが早いというふうに言われています。

なので、前方から後方へ一直線に動かしましょう。

S時の動作に慣れている人はそれでも構いません。

だた、2つだけ意識してください。

  1. 肘の高さを意識する
  2. 肘から下を使う

 

肘の高さを意識する

肘の高さを意識すると言ってもそんなに難しいことではありません。

パドリングするときは前方から水中に腕を入れ、後方から水中より腕を出します。

そしてまた前方へ…というふうに繰り返していきます。

肘の高さを意識するのは、腕を後方から前方に運ぶ時になります。

まず前方で水中に腕を入れるときは、指先から入れ始めます。

また後方で水中から腕を出すときは、肘から出し始めます。

どういうことかと言いますと、腕が水上に出ている時はなるべく肘を高い位置にあるように維持してください。

水中に指先から入り肘から出すことによって腕にかかる負担を減らすことが出来ます。

始めたばかりで背中があまり反れないうちは、肩と平行になるくらいまで上げなければならないのでかなり肩に負担がかかると思います。

ですが胸を反れるようになると、そこまで肘を上げる必要もなくなるので肩にも負担がかからず、スムーズに腕を回せるようになるのです。

 

肘から下を使う

パドリングで一番推進力が得られるのは、へその下辺りから後方へ水を押し出す時に生まれます。

その時に肘から下でスナップを利かすように後方へ水を押し出すのです。

そうすることによって、ただ腕を回すよりも高い推進力を得ることが出来ます。

 

パドル筋を身につける

パドル筋というのはパドリングに必要な筋肉のことです。

パドル筋を鍛え力がついてくるとパドリングの推進力が上がりますので、目一杯力を込めなくても十分速度を得ることが出来ます。

つまりリラックスしてパドリングを行うことが出来るということです。

普段の生活では余り使うことのない筋肉に力が入りますので、慣れていないうちはすぐに筋肉痛になるはずなので、どこがパドル筋なのか判ると思います。

主に背筋、肩甲骨周り、肩周り、首周りになります。

日常生活ではなかなか効率よく鍛えることは難しいのでこの筋肉を鍛えるには、やはりパドリングをするしかないようです。

 

バランス感覚とパドル筋

パドル筋を鍛えるには力を込めてパドルをするしかないのですが、今まで言ってきたリラックスと矛盾してしまいます。

確かにバランス感覚とパドル筋を同時に鍛えることは難しいです。

そこで私から提案したいのは、

  1. 海やサーフボードに慣れるためにリラックスして基本姿勢を取る(胸を反らさず足を閉じていなくても良い)
  2. 波の揺れやサーフボードに慣れてきたら、力まずにゆっくりパドリングをする(無理しない程度に胸を上げ足も少しずつ閉じてみる)
  3. パドリングで前に進むのに慣れてきたら、徐々に力を込めてみる。(胸を出来る範囲で反らし足を閉じてみる)
  4. 全力でパドリングする

という感じでやってみるとスムーズにパドリングが出来るようになると思います。

 

パドリングはサーフィンの基本です。

いい波にのるためには、パドリングが出来ないと夢のまた夢になってしまいますのでしっかり練習しましょう。

 

参考になれば幸いです。

いいねした人は
売り上げアップ!

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

SG

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

-サーフィン

Copyright© 大人が遊ぶ株式会社 , 2019 All Rights Reserved.