商売人の紹介と【ブログの書き方】を教える学校

商売人アフィリエイト大学

Office YOKIMA 出産・育児奮闘記

総合病院の出産ってどうなの?個人病院、助産院、自宅出産との違いは?

更新日:

「妊娠したかも?」と思い、検査薬でチェックし、近所にある産婦人科を予約する…。
多くの方が通るルートだと思います。

ところが、近所のその産婦人科には分娩施設がないと知った場合、どうしますか?
出産が可能な場所として、
・総合病院
・個人産院
・助産院
が挙げられます。自宅で出産を予定する方もいらっしゃいます。

自宅出産は別として、分娩予約って結構早い時期に申し込まないと、評判がいい産院は「あなたの予定月はご予約がいっぱいでお受けできません」と言われてしまいます。
妊娠確定→母子手帳もらう→分娩予約の期間は思ったより短いですよ。

あなたは、どこで産みますか?

私は3人出産しましたが、三人とも出産した場所が違います。
そんな経験もふまえて書きました。

スポンサーリンク

総合病院での出産

特徴:
・診療科目がたくさんあり、設備も充実している。出産時に何かトラブルがあった場合、迅速に対応してくれる。
・出産費用が安い(大部屋の場合)。時期やタイミングにもよるが、出産を扱う数も多いので、同じ日に出産したママさんが多い。
・出産後の戸惑いなど、授乳室で共有できたりする(漫画「コウノドリ」でもそんなシーンがありましたが「戦友」みたいな感じ)。
・反面、大部屋で母子同室を推進している病院は、それぞれの授乳のタイミングが違うと寝られない(睡眠が深い人は別)。
・部屋の中での相性もあったりするので、慣れない産後の生活に加え、コミュニケーションでストレスを感じる方もいる。
※そういう場合は個室を選択した方がいいと思います。私は3人目は個室をお願いしました

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

分娩施設のある個人病院での出産

特徴:
・対応がきめ細やか。
・2人部屋、3人部屋になる場合もあるが、最初から個室になっている産院も多い。
・産院によるが、上の子も一緒に泊まらせてくれる部屋があるなど、総合病院では難しい対応も可能なところがある。
・食事が考えられているところが多い(つまり美味しいところが多い)。
・出産のご褒美にエステやディナーがサービスでついているところもある。
・環境がいい分、分娩・入院費用は高い。出産一時金内に収まらない場合もある。
・自然分娩の場合は問題がないけれど、緊急帝王切開の場合は、産科医が3人いないと個人病院での分娩ができないので、総合病院に搬送される場合がある。
(※私が出産した2010年当時の情報です。現在は確認してみてください)

助産院での出産

(私は助産院を経験できなかったので、経験した友人の話や一般的に言われていることを書きます)

特徴:
・とにかく自由(なところが多いそうです)。決まりが少ない。
・自分の楽な体勢で出産が出来る。分娩台で固定される姿勢などがない。
・アットホームな雰囲気のところが多い。
・出産する場所も寝る場所も同じ。畳の部屋。
・分娩費用も安い。
・家族で出産を見守ってくれる。上の子達に赤ちゃんが産まれてくる瞬間を見せることができた。手伝ってもらった。
・病院に比べて設備が少ないのが心配。問題が起きた時に対応が遅れるのではないか?という懸念
(助産院を希望する場合は、どこの病院と提携しているのか?どのような提携か?も確認しておいた方がいいかもしれません)

私の周りにいる助産院での出産経験者はぼ全員、出産に満足していました。
上にお子さんがいる方は、産んだ助産院は旦那さんも一緒に泊まれたりして、家族全員で出産に臨めたことが良かった、と言っていました。
反面、安全性に対しても疑問を呈した記事を時々目にします。
実際、私が助産院を希望した時、夫はそういった記事をみて不安になったようです。
病院だから安心、というつもりもないですが、メリットもデメリットもよくご夫婦で話合って決められた方が良いと思います。

スポンサーリンク

自宅出産など

特徴:
・「お産は病気じゃなく自然なことだから」という思いから自宅を希望する方もいらっしゃいます。
・家族が一丸となって出産に臨む。
・喜びを共有できる。
・産み方、体勢を自分(赤ちゃん)が決められる。
・費用…多分安い
・緊急な対応が必要となった時の心配

自宅出産を選んだ人が周りにいなかったので、あまり詳しくはわかりません。
助産院と同様の問題はありますが、出産を必要以上に特別なことと捉えないで「日常の中」で行うという選択は素敵なことだと思います。

 

次の記事では、自分のそれぞれの出産の時に、どうやって出産場所を選んだのかを書きますね。

小さい店でも経費をかけずに売上は上がる!自営業の奥さま、応援します!【オフィスよきま】

自営業の妻はパート?フルタイム?それとも事務をやった方がいいの? 大事なのは、「家の仕事の売上をあげること」と考えます。 現在、夫の仕事をサポートしている立場から【自営業の妻が売り上げに貢献する方法】について発信していきます。自分のやりたいことができた時にも応用できるかも…。 チラシ・LPの制作も行います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yokima.K

yokima.K

両親も、両親の実家も自営業。そして、自分自身も30代初めで整体師として開業。 しかし当時は紹介だけで過ごしていたので、自営の知識なく、サラリーマンの夫と結婚。 7年後、なぜか夫も自営業を始めることとなり、家計が大変なことに。 2017年1月より「商売人の学校」の前身「MSD増田塾」で経営の勉強を始める。 ちょっと視点を変えるだけで、出来ることがたくさんあることを知る。 年間売上は、学ぶ前(2016年)と学んだ後(2017年)では1.7倍増に。 子ども3人。趣味はドライブ。車内で歌を歌うこと。

-Office YOKIMA, 出産・育児奮闘記

Copyright© 商売人アフィリエイト大学 , 2018 All Rights Reserved.