商売人の紹介と【ブログの書き方】を教える学校

商売人アフィリエイト大学

カープ パソコン教室キュリオステーション

2018最新|日本シリーズチケット購入方法まとめ|カープ対ライオンズ?

更新日:

今回は、2018年の日本シリーズのチケットを手に入れる方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

2018年SMBCプロ野球日本シリーズの日程

2018年SMBCプロ野球日本シリーズは、全部で第7戦までが予定されていて、日程はすべて決まっています。

先に4勝したほうが優勝というルールであるため、7戦を消化する前に優勝が決まることもあります。

その場合は後の試合は行われないため、すでにチケットを購入している場合は払い戻しを受けることになります。

2018年SMBCプロ野球日本シリーズは、10月27日の土曜日からクライマックスシリーズを勝ち抜いてきたセ・リーグのチームの本拠地球場で日本一の座をかけて激しい戦いが始まります。

第二戦は翌日の28日の日曜日に同球場で行われ、29日の移動日を挟んで30日の火曜日からはクライマックスシリーズを勝ち抜いてきたパ・リーグのチームの本拠地球場で10月30日から11月1日までの3連戦を行います。

日本シリーズは4勝すれば日本一になれるため、展開次第でパ・リーグの本拠地球場でシリーズが終了してしまう可能性があります。

ただ、第5戦までに勝負が決まらなかった場合には、1日の移動日を挟んで再びセ・リーグのチームの本拠地球場へと戦いの場所が移ることになり、第6戦が11月3日・第7戦が11月4日で行われることになります。

日程と球場

  • 第1戦 10月27日(土)(セ・リーグ球場)
  • 第2戦 10月28日(日)(セ・リーグ球場)
  • 第3戦 10月29日(火)(パ・リーグ球場)
  • 第4戦 10月31日(水)(パ・リーグ球場)
  • 第5戦 11月01日(木)(パ・リーグ球場)
  • 第6戦 11月02日(土)(セ・リーグ球場)
  • 第7戦 11月03日(日)(セ・リーグ球場)

となっています。

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

プロ野球日本シリーズのチケットの値段は?

プロ野球日本シリーズのチケットの値段は、試合が行われる球場の座席の値段に応じて決まってきます。

基本的にプロ野球チームの本拠地球場は座席の種類にも違いがあり、料金もそれぞれ違いがあります。

そのため、2018年SMBCプロ野球日本シリーズに出場するセ・リーグのチームとパ・リーグのチームが決定していない段階ではチケットの値段はわかりません。

ただ、過去の試合の料金を参考にすると、どれくらい高くなるかはわかるでしょう。

2017年のヤフオクドームでのチケット料金を参考にすると、通常のペナントレースの試合では外野の座席チケットが1,000円であるのに対し、日本シリーズでは外野の座席チケットの料金は3,000円でした。

また、プレミアムシートのSS席も通常8,000円が日本シリーズでは13,000円となっています。

このようにどの球場で試合が行われたとしても通常の公式リーグ戦よりも少し高めの料金設定になっているのが一般的です。

傾向としては、大体、内野席なら3,000円から5,000円、外野席なら1,000円から2,000円ほど通常よりも高くなると考えておくと目安となると思います。

2018年SMBCプロ野球日本シリーズチケット発売の注意点

2018年SMBCプロ野球日本シリーズのチケットは、一般発売に先駆け2度の先行抽選販売が行われます。

そして、この先行抽選販売で予定枚数に達してしまった席種のチケットは一般発売されない可能性があるのです。

ですから、少しでも日本シリーズのチケットを手にしたいのであれば、2度ある先行抽選のチャンスを必ず活用することが必要です。

本シリーズのチケット販売に関する詳細が発表されたら受付日時と申し込みに関する詳細を確認して確実に申し込みを行ってください。

ただ、申し込みはクライマックスシリーズの結果が出る前に行われるため、その時点では出場チームや開催される球場も確定していません。

そのため、仮に当選したとしても応募してある球場で試合が行われない場合には無効となるので、そういった点でも注意が必要です。

チケットの販売開始時点では日本シリーズに出るチームは決まっていませんので、購入した球場のチケットが無効になることがあります。

その場合は払い戻しを受けられますが、見られないことがあるという点はあらかじめ理解しておきましょう。

予約はコンビニで行うことができます。

ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマートで申し込むことが可能です。名前はコンビニになっていますが、それぞれローソンチケットチケットぴあイープラスの大手3社が扱っていることになります。

会員枠を設定していれば優先的に購入することができますが、特にない場合は抽選となります。

したがって、必ず手に入れられるわけではない点には注意する必要があります。

スポンサーリンク

チケット申し込み時点で対戦カードが決まっていない

クライマックスシリーズが行われる前であれば、セ・リーグもパ・リーグもペナントレースの優勝チームが必ず日本シリーズに出場していたので、チケット申し込みの時点で対戦カードが決まっていないということはありえませんでした。

しかし、クライマックスシリーズと日本シリーズが開催される日程間隔が短く設定されているため、円滑に日本シリーズのチケットを販売するためには、クライマックスシリーズで熱戦が行われている最中に抽選販売を行う必要があるのです。

チケット自体は早めに販売されるのですが、クライマックスシリーズに出場するチームの球場のチケットが販売されることとなります。

ですから、セ・リーグとパ・リーグ共に3球団ずつの本拠地球場を対象にチケット抽選が行われますので、仮に抽選で当選したとしても応援するチームがクライマックスシリーズで負けるなどして、希望する球場で試合が行われない場合には無効となって料金は払い戻しされることになります。

当然ですが、チケットを購入した球場のチームが敗退して日本シリーズに出ないことが決まれば、それは返金となります。

応援しているチームのチケットを買っている場合は残念ですがまた来年に期待しましょう。

特にチームのファンではなく球場で日本シリーズを見たいだけなら、なるべくクライマックスシリーズで勝ち上がりそうなチームの座席を買うしかありません。

ただ、リーグを優勝しても勝ち上がるとは限らないため予想は難しいです。

スポンサーリンク

先行抽選般販売がコンビニで実施される

ローソンとローソンチケット、サークルKサンクスとチケットぴあ、ファミリーマートとイープラスはそれぞれ提携しており、先行抽選販売が実施されます。

一見するとコンビニで予約を行えば優先的にチケットを購入できると思ってしまいがちですが、これらのチケット販売サービスでは有料会員登録をすることで優先予約や会員限定枠で確保されたチケットを購入することができ、そこで余剰となったチケットが先行抽選販売分に回る形となるため注意が必要です。

申し込みはインターネットの会員ホームページからエントリーする必要があるだけではなく、受け付け開始と同時にアクセスが殺到するため、お仕事で忙しい方や外出先でスマートフォンなどを駆使するのが厳しい方にとっては狭き門となります。

2018年の日本シリーズもこれまで同様に1人4枚までの枚数制限を行ったうえで先行抽選一般販売を行うことが予想されます。

先行一般抽選販売の受付は受付期間内にインターネットや電話による申し込み方法となっており、当選した場合のみチケットを購入することができます。

また、当選したチケットはローソンやミニストップの店頭に設置されているLoppiでの受け取りとなりますので、当選確認の際に取得した予約番号を持ってチケットの発券期間内に店頭へ出向いて発券手続きを完了させる必要があります。

2018年SMBCプロ野球日本シリーズのチケットを抽選販売で取る、買う方法、買い方

プロ野球日本シリーズのチケットは例年と同様であればローソンチケットがいちばん多くのチケットを確保しており同サービスの会員がいち早く購入できる状況となり、売れ残った分が一般販売に回されます。

その数はごく僅かであるだけではなく、WEBのみの販売となるため入手は困難を極めます。

関東や関西の大都市圏で開催される土日の試合はあっという間に売り切れとなるのが毎回のパターンで厳しい競争率となりますが、移動に時間も費用もかかる地方球場での開催や、お休みを取るのがなかなか難しい平日に開催される試合では若干の空きがあることもあり狙い目です。

入手が困難な試合のチケットの場合は、さまざまなルートを駆使して先行販売しているチケットを購入するのがおすすめです。

日本シリーズのチケットを抽選販売で購入するためには、ローソンチケットやチケットぴあ、イープラスなどのプレイガイドを利用する必要があります。

申し込み方法はインターネット受付と電話受付の2種類となっており、インターネット受付の場合には事前に会員登録が必要となりますし、電話受付の場合には発信者番号通知が必要ですのでご注意ください。

ローソンチケットでは1人で各試合第3希望の席種まで、イープラスでは1人で各試合第5希望の席種まで、チケットぴあでは1人で最大3試合の席種まで申し込みが可能となっています。

申し込みを済ませたら、指定された期間内に当落確認を行ってください。

当選していたら申し込み番号を控えて、ローソンチケットならローソン、イープラスならファミリーマート、チケットぴあならファミリーマート又はサークルKサンクスの店頭にある端末機から発券を行います。

ローソンチケットが優遇されている

日本シリーズのチケットは一般発売に先駆けて2度の先行抽選が行われます。

先行抽選販売はローソン・ファミリーマート・サークルKサンクスの3つのコンビニによる先行抽選販売と、イープラスのセゾンUCプレオーダーにて行われることになるのですが、それに先駆けてローソンチケットが単独で最も早い最初の先行抽選発売をこれまでにも行ってきているのです。

そのため、2018年SMBCプロ野球日本シリーズの先行抽選販売もローソンチケットで先陣が切られることになると予想されます。

ローソンチケットは、過去の傾向からすれば優遇されているため、チケットが取りやすいといえます。

このローソンチケットのエルアンコール会員枠が最もチケットを確保しやすいと言われていますが、注目度が高い日本シリーズはプラチナチケットと化していますので、簡単に当選するわけではないので注意が必要です。

ローソンチケットの有料会員枠を利用する

ローソンチケットではクレジットカードのエルアンコールカードを作り、年1,500円の会費を支払うことが条件のエルアンコール会員は、会員だけが申し込めるEL会員限定先行販売を利用できます。

クレジットカードを作らなくても申し込めるローチケHMVプレミアム会員は月額500円または年額4980円で、プレリク先行抽選や一般抽選の当選確率がアップするという特典がついてきます。

日本シリーズのチケットでは、以上のEL会員限定先行販売枠とローチケHMVプレミアム会員枠の両方にチケットが割り当てられます。

ローチケHMVプレミアム会員はあくまでも当選確率がアップするに留まるため、より実に購入まで辿り着けるエルアンコール会員がおすすめです。

エルアンコール会員というローソンチケットの有料会員だと優先枠があるため、チケットが取りやすくなりますので、作っておくことをおすすめします。

これにはエルアンコールカード(LEncoreカード)というカードを発行していないといけません。

したがって、持っていない人は持っておくことをおすすめします。

優先してチケットに応募できる枠がいろいろとあるため、今後の試合を見据えた場合も持っていて損はありません。

また、野球以外でもエンタメ系のチケット予約に強いので、野球の事だけを考えていない人にとってもプラスです。年会費は1,620円とそこまで高くはありません。

ローソンチケットでは、日本シリーズの先行抽選一般発売に先駆けて、年会費無料のローソンWEB会員と年会費1,620円の支払いとクレジットカード機能付きのエルアンコールカード(LEncoreカード)の申し込みをした得るアンコール(LEncore)会員を対象にした先行抽選を行います。

インターネット受付のみで1人各試合1席種4枚まで申し込みが可能で、各試合とも第3希望まで申し込むことができます。

当選した場合には自動でクレジットカード決済が行われ、応援しているチームがクライマックスシリーズで敗退してしまった場合にはクレジットカード決済が取り消されるシステムになっています。

有料会員になっているからといって必ず当選するというものではありませんが、日本シリーズのチケットは獲得倍率も高いため少しでも獲得できる確率をあげるためにも、有料会員枠を上手に利用することも重要です。

イープラスセゾンカード会員限定チケットを利用する

ローソンチケット同様にイープラスセゾンでも会員向けにチケットが確保されています。

イープラスを利用する際にはイープラスセゾンカード会員限定チケットという会員限定のサービスがあります。

これはセゾンカードやUCカードを保有している方が決済方法をそれらのクレジットカードにしている場合に利用できるサービスです。

また、対象となるカードの年会費のみでサービスを利用することができるため、カードを保有していれば無料で受けることができるサービスとなっています。

対象のイープラスセゾンのクレジットカード会員限定のチケット販売サイトがあり、イープラスの一般会員と比較して当選確率が格段にアップします。

優れたサービスであるものの2017年に開催された日本シリーズの公式サイトには記載が無かったことから、競争率が低く余裕でゲットできた利用者も少なくありませんでした。

一部のチケットにはゴールドカード限定枠が設けられることもありますが、過去の事例では日本シリーズのチケットが対象となったケースは無いため、ノーマルカードでも十分なポテンシャルを発揮できます。

セゾンカードを作成するには一定の時間がかかるため、早めに作っておくのがおすすめです。

このイープラスセゾンカード会員限定チケットというサービスを利用すると、イープラスで行われている一般抽選販売の「プレオーダー」よりもはるかに当選確率が高くなっており、特にゴールドカードはかなり高い当選確率を誇っているのです。

もちろん、日本シリーズのチケットもこういったサービスの対象となっているので、利用すると必然的に当選確率も高くなります。

「チケットぴあ」の「ぴあカード」も捨てがたい

チケットの先行販売や先行予約を実施しているサービスでは系列のクレジットカードを作るのが条件となっているケースが多い中で、チケットぴあでもクレジットカードの「ぴあカード」が発行されています。

今回に限っては提携しているサークルKサンクスが窓口となるためクレジットカードは必須ではありません。

購入方法はサークルKサンクスの店内に設置されている端末のKステーションから希望するチケット情報を入力すると伝票が発券されるので、それをレジまで持参して代金を支払います。

サークルKサンクス枠のチケットが全国の支店での利用者によって早い者勝ちの競争が行われる形となるので、早めに来店して周囲に迷惑をかけない範囲でKステーションの前でスタンバイして、販売が開始されたら素早く端末を操作するのが大きなポイントです。

日本シリーズの先行抽選一般販売ではクレジット決済を採用するプレイガイドがほとんどです。

そのため、ローソンやイープラスなどではクレジットカードの会員を限定としたサービスが行われています。

チケットぴあではぴあカードを保有している方が決済方法でぴあカードを選択している方を対象にしたプレミアム会員サービスを利用することができ、会員だけが申込める最速抽選販売となる「いち早プレリザーブ」など会員限定の抽選販売に申し込むことができます。

また、競争率が高いチケットの抽選販売でもかなりの高確率で当選させることができると言われています。

ただ、日本シリーズのような人気が高い特別な試合の場合、プレミアム会員でも当選確率はそれほど高くないとも言われているのが実情です。

ですから、確実に日本シリーズのチケットを獲得するためには、ぴあカードは必ずしも有効であるとは言い切ることはできないと考えられますが、一つの手段である事には変わりありません。

どうしてもチケットを手に入れたいという方は、こちらも試してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、日本シリーズのチケット購入方法について書いてみました。

クライマックスシリーズが終わる前に発売されるのがポイントですね。

しかも抽選で主にコンビニで買えますが、ローソンチケットが有利と言う事がわかりました。

ぜひ参考になさってください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
curio-midorii

ミスターしかっち

人気のパソコン教室を広島と静岡で2店舗運営する。自宅にいながら、レッスンが出来る「遠隔レッスン」も人気。元々「パソコンが大の苦手だった」というユニークな経歴の持ち主が、超初心者にわかりやすくパソコンを教える。無料ユーチューブ動画の「ミスターしかっち」も大人気。

-カープ, パソコン教室キュリオステーション

Copyright© 商売人アフィリエイト大学 , 2018 All Rights Reserved.