商売人の紹介と【ブログの書き方】を教える学校

商売人アフィリエイト大学

ブログの書き方

ブログの書き方・基礎編_内容の書き方

更新日:

はい、どうもどうも!
Mr.スカッチです。
今日もブログをやりましょう。
今回はですね、『ブログ基本講座』という事で内容の書き方ですね。
タイトルがあって見出しがあって、そのあと内容です。
この内容のお話をしてみたいと思います。
まずテーマを再度思い起こしてください。
必ずユーザーは検索をします。
検索の時に悩みですね、自分の思ってるものを解決したいという事があります。
それに則ったキーワードで検索をしてそれに「自分の悩みが解決されそうかな?」という所のタイトルをクリックする。
それで見出しをパラパラと見て、その内容を読んでいくという感じですね。
必ず内容はそのテーマに則ったもので書いてください。
1ブログ1テーマを守ってください。
それから大きく逸脱するようであれば、別のブログで書くという事だけは鉄則として守ってください。
必ず見出しに沿った内容を書いてください。
見出しから離れた内容は書かないほうがいいです。
それであまり多すぎても読まれないので、ずっと文章がだらだらだらだらあっても中々読んでいきません。
という事で文字量で言うと、見出し一つにつき200文字から500文字程度。
500文字結構多いと思いますよ。
200文字ぐらいでいいと思います。
見出しが例えば全部で五つと考えるのであれば、一つずつ200文字ぐらいで考えていったら、これで1000文字ですよ。
という事でそのぐらいの枠。
200文字から300文字ぐらいの間でやっていく。
長くても500文字ぐらいで考えていってやっていくといいでしょう。
もしも多くなるのであれば、見出しのほうをもうちょっと増やしてやると。
これこうやってよくよく考えたらちょっと違うかなという感じで分けて行くとやりやすいかなと思います。
ちょっとコンパクトに切っていく。
これが重要です。
次、『誤字脱字に注意』。
内容は読まれませんという話をしたのですが、でもこれ矛盾するんですけど、「誤字脱字」はやっぱりしっかり見ておいたほうがいいですね。
そういうのやっぱり目立つんですよね。
やっぱり違和感あるものというのは、パッと目につくんですよ。
なのでそういう所だけは目ざとく見てきます。
「うわっ、これなんか文字が違う」とかですね「なんかこの文章はわかりにくい」とかですね。
そういう部分だけは結構指摘されるので、マイナス点はやっぱりいないほうがいいです。
なので何度も読み直しをして大丈夫かなというのをちゃんと見てもう一回書き直すという所だけ注意してください。
仮にこの「誤字脱字」があるような文章はどれだけいい事が書いてあっても、「本当かな?」と信用がちょっと薄くなりますよね。
必ずこの「誤字脱字」に注意してください。
それで『専門用語は避ける』。
確かに調べているのである程度詳しいかたかなというふうな頭はあると思います。
でもやっぱり専門用語がたくさん並ぶとちょっと非常に読みづらくなるので、なるべく使わないほうがいいですね。
比較的見やすい感じのもの。
それで使うのであれば、括弧書きをして何々とか。
あとから注釈をつけて、これはこういう事ですよというふうな感じで書いてあげる。
もう誰もが見てからわかるよというような内容にしてあげないと、中々読まれない。
「わー、難しいな」「もうそもそも読む気をなくす」みたいな感じの事になってしまうので、その読まれるユーザーですね。
どんな感じのかたを想定しているのかと。
かなり詳しくて専門用語バリバリ知ってるよというかたに対して書くのであれば、それでいいです。
でもそうではないライト層の人に書くのであれば、それは避けたほうがいいです。
そこの「どんな人が読んでるのかな?」というのをちゃんと考えた上でやっていくという所を考えてやってみてください。
それで実際の内容が書く内容が分からないと思ったら、書きたい事検索をしてみて出てくる上位10個ブログを見てくる事です。
Googleの検索の結果は絶対だと思ってください。
Googleはかなり調べてます。
「ユーザーが単純なるキーワードでタイトルにこのキーワードをあげてたから上がったよ」という順位じゃなくて、「このキーワードの時にはこれだけの内容を見て、更に細かく見ていったよ」とか、「更に検索をしていたよ」とかという所の全部の動きを見た上での順位を今は出しています。
一昔前とは時代が違うんですね。
という事で、この検索結果が全てです。
そこに書いてある事が、今の現段階ではベスト10という事になるので、そこに書いてある事が答えになります。
ユーザーが求めている事が答えになるので、その内容で書いてあげるというのが正しいという事ですね。
と言っても、コピーをしちゃ駄目ですよ。
これはしつこく言いますが、絶対コピーは駄目です。
内容を同じような内容でしていく。
もしくは違う内容で攻めて行くんだったら、違う内容で攻めていくという感じでその検索意図に則った回答というので書いていきましょう。
コピーは厳禁です。
先程から何度も出ますけど、コピーをしたらえらい事になります。
そのサイト自体が検索で上がって来なくなったりとか、評価自体が大きく落ちるとか、単純にあるというものではないです。
本当にもう泥棒と一緒と思ってください。
ネット上にあるものは取ってもいいとか、取れるから取ってもいいという話ではないんですよ。
置いてあったら日常のもので取っていいかと言ったら、そんな事ないですよね。
誰かの家に行きましたと。
それで何か置いてありましたと。
勝手に取れるような範囲内だから取って帰ろうというのは、取らないですよね?普通ね。
それと同じようなお話だと思ってください。
どうもネット上になると皆さん考えがちょっと非常にゆるくなるので、絶対にやっちゃいけません。
それで書いたあとに誰かに読んでもらうのが一番ですね。
詳しい人とか、詳しくない人とか、知り合いとか。
読んでもらってどう思ったかというふうに言ってもらうのが一番じゃないですか。
多分そういう方々がおそらく検索をされてると思いますし、詳しい人だけが見るんじゃないと思うんでね。
そういったかたに読んでもらって、どんなふうに読まれるかというのから自分でまたちょっとリライトかけて見るという感じの内容に関しては考えてみるといいでしょう。
はい、何度も出ますがこれはお決まりのパターンですね。
『最初から完璧を狙わない』と。
もう考えていると先に進まないので、このぐらいでいいかなという感じである程度でリリースしてしまって、また二週間なり一か月なり経ったあとにもう一回書き直す。
これを繰り返します。
是非やって言ってください。
では今日はこのぐらいで終わりにしたいと思います。
またお会いしましょう。
さよなら。

いいねした人は
売り上げアップ!

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
curio-midorii

ミスターしかっち

■「広島」と「静岡」でパソコン教室を2店舗経営する代表取締役。 ■アフィリエイト大学校長 ■運営するサイトの月間PVは20万を超える 「パソコンが大の苦手だった」というユニークな経歴の持ち主が、超初心者にわかりやすくパソコンを教える。無料ユーチューブ動画の「ミスターしかっち」も大人気。 自身の集客から学び始めたマーケティングを元にホームページ作成にも応用。ブログにて集客を集める講座もアフィリエイト大学の中で行っている。

-ブログの書き方

Copyright© 商売人アフィリエイト大学 , 2019 All Rights Reserved.