商売人の紹介と【ブログの書き方】を教える学校

商売人アフィリエイト大学

ブログの書き方

ブログの書き方・基礎編|見出しの付け方

更新日:

はい、どうもどうも!
Mr.スカッチです。
今日もブログの勉強をしましょう。
はい、言えた!
OKです。
ではですね、自分の自己満足です。
どうでもいいんですが。
今日はですね、『見出しの付け方』というお話をしてみたいと思います。
「見出し」というのが、ブログを書いてる時の「柱」の事を「見出し」と言います。
ちょっと実際に見て頂きましょう。
例えばこれ「エクセルが文字が消える」という分ですが、これはタイトルと言いますね。
この「エクセルで文字が消える・入力すると、原因とは」という所があって、その中で目次の「柱」として出てくるこういうのを「見出し」と言います。
実際にはこの辺ですね。
「状況によって複数原因が考えられます」とか、「セル内の2行目にある場合」とかですね。
そういう感じで出てくるのが「見出し」です。
ちょっと分かりやすく言うと色がちょっと変わって変化が起こってるものですね。
それを「見出し」と言います。
ちょっと後ほど話をしますが、単純に色を付けるという話ではないです。
文字を大きくするとか、そういう事ではなくて「見出し」というものは重要なものがあります。
これです。
まず「見出し」やる上で重要なのは、毎回出てきますが「テーマ」ですね。
もうこれしつこいぐらい出していきます。
この「テーマ」を絶対に忘れないでください。
テーマに則った内容です。
テーマに則ってブログを書いていきます。
ユーザーは必ず悩みを抱えています。
その悩みを思ってキーワードを入れます。
そのキーワードを入れた悩みの検索結果が一覧としてタイトルとして出てくる。
それでそのタイトルで「自分がそうかな?」「これやったら治るかな?」「これやったら自分の悩みが解決するかな?」と思った所を押すわけです。
押したあとでその内容を見ていくわけです。
最初にまずは「見出し」を見るんですね、目次の所で。
「大体こんな事が書いてあるんだ」「あっ、こういう内容だったら詳しく読んでいったら自分の悩みを解決出来るんだろうか?」みたいな感じの事が書いてある時に初めて見てもらえるわけですね。
「見出し」は非常に重要です。
このテーマに則った感じでタイトルもそうですが「見出し」ももちろんタイトルに則った・テーマに則った感じで書いてください。
「見出し」というのは非常に重要なのが、まず基本ユーザーはブログを読みません。
もう読まないものと思ってください。
全くもって内容はじっくり読みません、残念ながら。
どれだけ細かく書いても、読んでないんです。
どんなものを見てるかといえば、やっぱりそういった大きくなってる所の「柱」部分ですよ。
「大体こんな事かな?」と自分が気になる所だけ見るというような感じで思ってください。
いざ実際、自分がご自身が果たして検索して全部の内容をじっくり見てるかといえば、見てないと思います。
確かに自分が書いたものなので思い入れがあると思います。
それで「せっかく悩んでる事を書いてるんだから、だから読んでもらえているだろう」というふうに思いたい気持ちは、わかります!
それは僕もそう思っていた時期がありました。
でも実際にユーザーはそこまであったかくないんです。
ドライなんです、結構。
という事で「見出し」がしっかりしてないと、内容さえも呼んでもらえないんです。
だから「見出し」さえ見てれば、ちゃんと出来るかなというような内容で「見出し」をちゃんと考えないといけない。
これが重要ですね。
それでブログの構成。
ブログの構成なのですが、大きく分けて見出し五つぐらいと考えてください。
まず最初ですね。
これです。
『結論と要約』。
まず最初に答えを出します。
ユーザーは答えを早く知りたいんですね。
最後になるまで結果がわからないみたいな、このドラマみたいな結末みたいな感じのブログの内容というのは基本的にいりません。
「もったいつけてもったいつけて、ほらこれだった!」みたいな「実はまだ答えが裏がある!」みたいなそんな感じの起承転結な書きかたというのは基本的にはブログではウケません。
ユーザーは基本的に「検索をしてすぐに答えが欲しい」というものだと思ってください。
自分自身にそうじゃないですか?
答えを欲しいから見てるわけですよね。
読みたいわけじゃなくて、答えが欲しいんです。
そういう頭をまず切り替えをする事が必要です。
という事でまずは『結論と要約』ですね。
「結論はこうです」と。
それで「こうこうこういう理由だからこうなってるんです」と簡単にまずは書いてあげます。
そうすれば「あっ、なるほど、そうだったんだ」とユーザーは思うわけですね。
「へー、じゃあ何かもっと詳しく見てみようかな」となるのが大体多くのかたの発想です。
それだけで終わるというかたももちろんいらっしゃいますよ。
いらっしゃいますけど、そういうかたにはどれだっけ最後まで書いててもですね、結局読まれないですから。
なので、まずは答えを書いてあげる。
それでその次に「詳しくはこちら」みたいな感じで、見出しの一個目・見出しの二個目・見出しの三個目という感じで書いていくといいですね。
それで最終的にまとめを書いてあげます。
この「見出し」というのは三つまでしか書いてないですけど、四つになろうが五つになろうが六つになろうが問題ないです。
何個でも書いてください。
それが長いなというふうになったとしても、それがちゃんと知りたい事で必要な事なのであれば、テーマとずれてないのであれば書いて頂いて結構です。
それで最後に『まとめ』です
まとめの中でもう一回最初に言った今まで書いてきた事というの書いてあげます。
ここでよく言われるのが、「いや、でもさっき書きましたよ、それ」とか言って。
「最初にも書いたし途中にも書きましたよ」というかたいらっしゃるんですけど、基本ユーザーは読んでないという事をもう一回思い起こす事ですね。
ほとんどは読んでないですよ。
それで忘れるんですね。
たった2秒前の事を本当に忘れるんですよ。
なのでもう一回まとめとしてちゃんと改めて書いてあげるという事が必要です。
もう一回まとめますね。
『結論と要約』をまず書いてあげる
その次に詳しくお話をするような感じで書いてあげる。
それで最後に『まとめ』を書く。
この流れでやっていけば大丈夫です。
一個目の所もうちょっと詳しく話をしてみたいと思います。
『結論は含めた要約を作る』ですね。
最初の見出しは、もう結論です。
結論を最後に持ってくるんだと、もう読まれません。
必ず最初に持ってきます。
読者はすぐに答えを求めているという事を知ってください。
「簡単にまとめるとこうですよ」というような感じで書いてあげるといいですね。
という事でこのブログの内容を、簡潔にまとめた内容を作るというのが大切です。
この次『三つの見出しを作る』ですね。
「見出し」は『柱』の事です。
それでいくつあっても問題はないです。
ただ一番最初書く時にいきなり「10本頑張るぞ!」みたいな感じでやると、ちょっとしんどいと思うので、最初はちょっとライトな感じで「大体このぐらいあればこの内容伝わるかな?」というぐらいの感じで三つか五つぐらいの柱で作っていくほうがいいでしょう。
それでしつこいようですが、書きたい事を一つに絞ってください。
他の事に繋がるのであれば、別のブログにしてください。
それで別のブログに書くんだったら、「詳しくこちらに別記事で書きました」みたいな感じで誘導を計って「それが知りたい人はそっちに飛んでくださいね」と言って別の記事で書いていくというふうな感じで建てていけば、必ず構成が上手く行きます。
そこの所で、「この事に関してはまたこの事でちょっと続けます」みたいな感じでですね、長々と書いていくと凄く長くて何の記事だか分かんなくなってくるんですよ。
なので一つの事に関して必ず書いていく。
それで別の事になりそうだったら、リンクを貼って別の記事で書いてあげる。
これが基本です。
次です。
『書きたい事で検索してみる』
見出しがわからない場合は、まずはどんな内容か自分が今書きたい事に関してキーワードを調べてみた結果どんな言葉で書かれてるのかなという他のかたのブログを見てみる事が一番ですね。
その結果というのが実際の答えなんです。
今検索をしてみてGoogleが出してる答えというのはまさにそれが答えなので、それを真似してください。
Googleかなり有能です。
色々調べてユーザーさんが単純に「このタイトルにしたからあげたよ」という事じゃなくて「このタイトルの時にはクリックしてこのぐらいの時間見てたよ」と。
それで「その間別の貴方のサイト見た結果、別の同じキーワードでもう一回検索しなおして、また別の事を探し始めましたよ」とかという事になってくると、「貴方の所のブログの中では答えが出なかったよ」というふうな感じの言葉でちゃんと調べてるんですよね。
その結果の順位が出てきているので、そこに乗ってるベスト10というのはもうまさに凄いエキスパート達なんですよ。
という事でその分を見てみるとヒントが書いてあります。
是非それらを見てやってみて、真似をしてみてください。
『柱』ですね、あくまでも真似するのは『柱』です。
内容をコピーとかそういうのはしちゃいけません。
真似て似たような事を書くというのも、それは当然ですけども、よくコピーしてそのまま貼り付けるとか、いらっしゃいますけど、それを絶対にNGなのでしてはいけません。
これはですね、一番最初の所で出てきたんですが、見出しというのは「太字」とか「色をつける」とかそういう事じゃないです。
「見出し」というボタンがありますので、ちょっと実際やってみましょうか。
ちょっと実際にページを出してみて、エクセルでに入ったほうが早いな。
これで編集ページに入りました。
それでエクセルの編集ページがあるんですけど、例えばここに文字を書いていけば普通にブログはかけます。
例えばここで「こんにちは」とか書いていきます。
これ普通に文字書きました。
それでよくありがちな間違いというのが、「見出しをつけます、ここの所は見出しを付けたいので、こう大きくします」とかですね、「フォントのサイズを大きくします」とか「太字にします」とかですね「色を付けます」とかですね「こんな感じで色を付けます」とかそういう事じゃないんですね。
これは単純に見栄えがいいというだけの話です。
そういう事じゃなくてここにちゃんと「段落」という設定とか「見出し2」という設定「見出し3」という設定「見出し4」という設定。
多くは「見出し2」でやっていけば大丈夫です。
より細くするんだったら「見出し3」「見出し4」とかも必要となりますが、基本的には「見出し2」でOKです。
そうすればそこの部分が「柱」としてGoogleは認識します。
単純に大きいだけという話とは違うんですね。
必ずこの「見出し2」の所クリックしたあとで文字を書いてこれが「見出し」なのであれば、まあまあありえない見出しですけど、これで「見出し2」というふうにすれば、これで初めて「見出し」になります。
これを必ず守ってください。
これ非常に重要なポイントになります。
では戻ります。
Googleの検索にですね、大いに影響します。
それで太字では影響しません。
影響しないといえば語弊がありますが、あまり影響しないという感じですね。
次に行きます。
それで見出しと内容を一言で。
「見出し」というのはですね、そこに書いてある内容を一言で言えばこういう事!という感じですね。
もしくは、こういう事が書いてあるんだよ!みたいな感じの事。
見たくなるよ!とか、そういう事が「見出し」だと思ってください。
大体見出しだけ見ていけば、大体の話は分かるよねという感じのものが最高ですね。
「その文をより詳しく言えば」というのが「内容を見てください」みたいな。
先程も言いましたが、基本的には内容というのはほとんど見られていません。
見出ししか見られていません。
という事で、この内容というのを一言で言ったものが「見出し」になるので、必ずそれを考えてやっていきます。
それで実際に「見出し」を誰かに見てもらうのがいいですね。
この「見出し」つけてみて、どうですか?と第三者の意見を聞くというのはいいと思います。
これタイトルと一緒ですね。
もう一個。
これ本当に重要です。
さっきから何度も必ず出てきますが、『最初から完璧を狙わない』という事ですね。
「見出しどうしようかな?ああしようかな?あの見出しがいいかな?どうしようかな?」とかと考えていくといつまでたっても先に進みません。
という事で必ず「見出し」をつけて、これでいいやという感じでやりましょう。
それでどんどんどんどん修正をあとからかけていくと。
一ヶ月後に見たら成長してると思いますから。
「あれ?この見出し変だな」とかというふうにな感じで思うと思います。
そうなってください。
という感じで、完璧を狙わずに何度もリライトをかけて行くという事だけは知っておいてください。
では今日はこれで終わりにしたいと思います。
またお会いしましょう。
さよなら。

いいねした人は
売り上げアップ!

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
curio-midorii

ミスターしかっち

■「広島」と「静岡」でパソコン教室を2店舗経営する代表取締役。 ■アフィリエイト大学校長 ■運営するサイトの月間PVは20万を超える 「パソコンが大の苦手だった」というユニークな経歴の持ち主が、超初心者にわかりやすくパソコンを教える。無料ユーチューブ動画の「ミスターしかっち」も大人気。 自身の集客から学び始めたマーケティングを元にホームページ作成にも応用。ブログにて集客を集める講座もアフィリエイト大学の中で行っている。

-ブログの書き方

Copyright© 商売人アフィリエイト大学 , 2019 All Rights Reserved.