商売人の紹介と【ブログの書き方】を教える学校

商売人アフィリエイト大学

アドセンス

ブログの書き方

ブログの順位を上げる方法 順位が20位以上の場合

更新日:

ポイント

【パソコンが苦手な商売人向け動画】

ホームページの順位を上げるとっておきの方法公開! 
ホームページのアクセス数を上げるためには「ブログ」をするのが手っ取り早いです。ブログの順位を上げる方法って言うのがあるんですね。

ブログって1回書いて終わりというイメージがあると思いますが、実はそうではありません。何回も書き直しをします。

書き直しをしてくると順位が付いてきます。
キーワードの順位が上がってくると楽しいですよ^^その順位が20位以上になった際の書き直し方をお話していきます。

この動画を見ると
・ブログの書き直し方がわかる
・ブログの順位が上がる
・ホームページのアクセス数がアップする
・新規集客が増える
・お店の売り上げがアップする

こんな効果が得られます

どうもどうも、ミスターしかっちです!

今日もパソコンの勉強をしましょう。

今回は『ブログの順位を上げる方法』のお話です。

『順位が20位以上の場合』こちらのお話をしてみましょう。

20位以上になってくると、そこそこ順位がついてきてる感じになってくるんですが、タイトルちょっと変えてください。

概ねいいんですけども、押したくなるキーワードになってない可能性が高いですね。

おそらくキーワードの、ちゃんと狙うキーワードが入ってるかどうかは必須ですけど、それは30位以下の所で多分お話をしてて、分かってると思うので。

それを入れてるのは話の前提です。

ユーザーが押したくなるキーワードも一緒に盛り込んでください。

例えばキーワードが「パソコン・苦手・克服方法」とかで言うあれば、「パソコン・苦手・克服方法」は絶対入ってないといけないんですよ。

「パソコンが苦手なかたが見る克服方法を、パソコン教室の人気講師が公開!」とかね。

そしたらちょっと押したくなるじゃないですか。

「パソコンの人気の講師」が言ってるんだから。

あとは例えば「苦手だった人が克服した方法をここに公開!」とか。

「苦手だった人」がこう言ってるんだからなんかちょっと興味があるなみたいな。

そういう感じの興味ありそうな、クリックをしたくなるような感じの事を入れてみてください。

あとはちょっと細かい部分ですけども、最初のうちは、ブログを書く一番最初というのはでたらめでいいと思うんですけど、徐々にこれを修正加えていってください。

最初のうちは書かないといけないから書かないといけない時というのは、誤字脱字とかどうしよう?とかと悩んでるメンタルよりも、まずは書く事を優先して欲しいんですよ。

それで今この段階になってくるとちょっと順位にあげたいという話なので、ちゃんともう一回誤字脱字がないかとか、読みやすい文章かというのを考えてみてください。

そして修正をかけて行くと。

間違いがあったらやっぱり読者の評価下がりますので、基本的には良くない。

それで見出しがついてるかどうか。

必ず内容で段落ごとに見出しをつけてください。

見出しがある内容がある、それでまた見出しがある内容がある。

基本的にはこの見出しという所を見ていけば、おおよそ内容わかるよねという感じの付けかたをしておかないと駄目ですね。

本を読まなくても見出しを読めば全部わかるよと。

「あっ、そういう事だったんだ!」という事が分かるような感じにしておかないと駄目です。

それで見出しを見ただけで必ずわかる内容にしてください。

ユーザーというのは基本的に文章を読まないんですよ。

読んで「自分が書いたものだ!」と思うと凄く何か思い入れが強くなって、みんな読んでくれてると言う誤解を受けやすいんですけども、いざ自分がネットサーフィンしてる時にですね、文章をじっくり読んでるかどうかですよね?

まあ読まないですよね、基本的に。

見出しだけでぱっぱっぱと、「あっ、そうなんだ」とか、何やったら見出しも見ずに絵だけ見てるとか、そんな状況だと思うんですよね。

だったら自分もそういうふうにする必要があります。

必ず見てくれないので、見出しを見ただけでわかるようにするという所がポイントです。

それで検索意図の内容と合致しているかどうか、これは非常に重要なポイントです。

もう基本中の基本です。

そこ見てください。

それで内容をわかりやすくしてあげてください。

内容が小学生でもわかるような内容になってるかどうか。

検索者が好むような内容になってるかどうか。

詳しいとか量が多いという話ではないんですよ。

誰か読んでて、ちゃんとその誰に、どんな人が読んでるのかというのを想定した上で、ペルソナと一緒ですよ。

想定した上で書いていかないとブレブレになります。

詳しく説明してほしいような人が書いてあるのであれば、その小学生でもわかるような感じにしないといけないし、細かい事を知りたい人が言うのであれば逆に専門用語をいっぱい使ったほうがいいし。

どういう人が読んでいるのかというのをちゃんと考えた上でやっていてみてください。

それであとは見出しごとに画像を必ずつけてください。

基本的に検索者は文章を読まないので、見出しがあったらそのあとに画像を入れる。

イラストだけでもいい、写真だけでもいい。

必ずそう言ったリラックス出来るような環境を保ったほうがいいですね。

あんまりガッチガチなもので書いていくと逆にちょっとしんどいので、そこの所をちょっとやってあげてください。

まずはこれで様子を見てください。

それでタイトルとか変えたら何かしらの変化が起こりますので、また2週間後とか1ヵ月後とかに様子を見るほうがいいでしょう。

では今日はこのぐらいにしておきたいと思います。

またお会いしましょう。

さよなら。

いいねした人は
売り上げアップ!

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

SG

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
curio-midorii

ミスターしかっち

■「広島」と「静岡」でパソコン教室を2店舗経営する代表取締役。 ■アフィリエイト大学校長 ■運営するサイトの月間PVは20万を超える 「パソコンが大の苦手だった」というユニークな経歴の持ち主が、超初心者にわかりやすくパソコンを教える。無料ユーチューブ動画の「ミスターしかっち」も大人気。 自身の集客から学び始めたマーケティングを元にホームページ作成にも応用。ブログにて集客を集める講座もアフィリエイト大学の中で行っている。

-ブログの書き方

Copyright© 商売人アフィリエイト大学 , 2019 All Rights Reserved.