商売人の紹介と【ブログの書き方】を教える学校

商売人アフィリエイト大学

ブログの書き方

キーワードの考え方

更新日:

今日もそこの勉強をしましょう。
はい、今回はブログの書き方編です。
ブログの内容ですね、はい。
キーワードの考え方っていうところを話をしてみたいと思います。
帽子が、帽子が、はい。
かなり重要なお話になります。
このブログを書く上でかなりキーワードっていうのは最重要課題とかいうふうに考えてもいいと思いますね。
こちらの考え方についてお話をしていきます。
はい、ご注意です。
こちら初心者向けにお話をしてますんで、玄人の方はご遠慮ください。
はい、画面を閉じたところで初心者の方だけ残ったと思うので、お話をしてみたいと思います。
まずキーワードっていうと大きな誤解をされてるのが、例えばパソコンとかね。
パソコン教室とか、そういった一単語だけをキーワードって思う方が多いんですけども、そうじゃないんです。
ブログの世界でのキーワードっていうのは、複数です。
あの、「パソコン 苦手 克服」この分でひとくくりって思ってください。
これが一キーワードになります。
はい、まずそこの概念のところだけ知っとかないと先に進めることができないので、そこしっかりと覚えてください。
キーワード複数ですよ。
複数一単語で覚えて、その一単語のことのブログを考えるってことです。
「パソコン 苦手 克服」っていうふうなキーワードで検索をする人がいるので、それに対する見出しをつける、それに対する内容を考える。
これが非常に重要なことになります、よく知っておいてください。
まずはその3語以上で考えるほうがいいです。
はい、例えばでいうと「パソコン 起動 遅い 原因」「広島 駅前 ランチ」「腰が痛い 朝 原因」とかっていうふうに考えていくと、これみんな、これ実際に検索するときのキーワードなんですよ。
このキーワード一個一個じゃないですよ。
四つとか三つとかで考えていくんですよ。
「パソコン 起動 遅い 原因」って書いてあったら、これ大体何が知りたいかって分かりますよね。
その分かる内容に対してブログを書くんですよ。
だから「パソコン 起動 遅い 原因」ってことは、パソコンの起動が遅いからその原因を知りたいんだと。
で、そのた、解決策を書いてあげればいいってことですね。
原因と解決策。
これを検索意図って言います。
必ずこのキーワードが複数になってくると、そのユーザーが何を求めているかっていう検索意図っていうものが見えてくるんです。
その検索意図っていうのを考えた上でじゃないとブログを書けないです。
じゃないと、大体が一語だけで考えて想像で書いちゃうんです。
パソコンでっていうことは、パソコンのこと何が知りたいんかな、んー多分起動かなーとか、電源の入れ方かなーとかっていうふうに、自分の中の想像で考えていくと、その想像だけのお話なのでブログの内容もホワっとしてくるんですよ。
しかもパソコンっていうくくりが広いので、何を書いたらいいかもよく分かんないから、ブログの内容がホワっとしてくるんです。
だからまずは必ずバチッとキーワードを決めて、そのキーワードに対しての答えを書く。
これが1番ブログがいいブログが書けるときのコツだと思ってください。
「広島 駅前 ランチ」っていうふうに書いてあったら、広島の駅前でランチがしたいんだと。
ランチがしたいっていうことは、そのランチがどんなお店があるのかっていうのを知りたいっていうのが検索意図になりますよね。
ってことは、広島の駅前のランチの一覧みたいなんがあったら、その辺が上位に挙がってきやすくなるわけです。
それが検索意図だから。
はい。
「腰が痛い 朝 原因」ってことは、朝起きたら腰が痛いんですよね。
その時の原因はなんなのかなと。
そしてもしも、た、原因だけを知るんじゃなくて、対処法って何かあるのかなっていうのが検索の意図になってくると思うので、そこを考えて書いてあげればいいんです。
キーワードさえ考えてあげたらブログの内容も書きやすくなるし、キーワードでの検索の順位でも上がりやすくなるっていうふうに考えてください。
はい。
検索意図を知るのが重要なんです、キーワードっていうのは。
もうこれにつきます。
キーワード必ず、まず検索者っていうのは適当に探してないんですよ。
自分自身で考えてください。
必ず検索する時っていうのは何かしら悩みを抱えています。
悩みってその、あ、なんか暗い悩みばっかりの話じゃないですよ。
軽い悩みも含みます。
例えばさっきの「広島 駅前 ランチ」っていうのも悩みの一つですよ。
広島の駅前のランチを知らないからどんなお店があるか知らないから、知ってるところの情報をほしいなっていうことで。
知ってるところの情報って言葉おかしいですね。
情報ほしいなと思って探すわけですね。
何かどっか、何かがどうかしたいな、知りたいなとかっていうのが結局悩みになるわけです。
それを解決したいなと思ってみんなは検索をしていくんですね。
自分自身もそうじゃないですか。
何かちょっと困ってるな。
その困ってるの度合いの難易度は違うと思いますよ。
悩みの深さは違うと思いますけども、大なり小なりあるとしても絶対に悩んでいるはずなんです。
その悩みを解決するために検索をしてるんだっていうのをまずは頭の中に入れておいてください。
適当に検索は絶対にしないです、はい。
悩みのない検索っていうのは絶対ないんですよ。
で悩みの解決方法を書くっていうのが今回のブログの意図になります。
よくあるのがですね、ブログイコール日記なんで、日記風なことを書くっていうことですね。
昨日なんかどこどこにラーメン食べにいきましたとか、はい。
昨日どっか行ってきました、楽しかったですとか。
そんなことを書いてもですね、芸能人ぐらいしか興味ないんですよ。
誰もあのそういうことにね、それほどタレント性がある人だったら興味ありますけども、基本的にはそういうことじゃなくて、悩んでることを大体皆さん最近検索をしてから、してくると。
その検索をしてくることに対しての答えを書く。
その答えを書くことによって検索の記事が上がってくるわけですね。
その文の悩みがちゃんと深くて、皆さんのユーザーのニーズにとってバチッとした回答であれば、全世界で1位がとれるわけですね、はい。
その1位をぜひ狙ってってください。
全世界で1位を取るのそんなに難しい話じゃないですよ。
僕ボコボコ取ってますよ、はい。
あのちゃんとそれはコツが、コツがあるというかちゃんとこの検索の意図を知って、検索の意図に対してのキーワードに対しての答えをちゃんと探していけばいいんです。
キーワードっていうのはたくさんありますんで、それに対して答えていけばね全然皆さん1位になれます、はい。
で、2語以上で上位っていうのはなかなか狙いにくいです。
2語っていうのは何かというと、検索意図が読みにくいんですよ。
あの、さっきの例えば「腰痛 朝 痛い原因」とかだったらおおよそ分かるじゃないですか。
でも「腰痛」だけとかね。
腰痛、「腰痛 原因」だったらちょっと広いですよね。
腰痛 いきた、いきたいとは言わないかな。
他のキーワードでいうと、「パソコン教室 広島」そしたらパソコン教室広島で探したいっていうけども、でもまだ広島のどこかが分かんないからちょっと広いですよね。
パソコン教室に、パソコン、一語で考えましょうか。
パソコン教室だけだったら、パソコン教室の言葉の意味を知りたいのか、それともパソコン教室に行きたいのか、パソコン教室がどんな仕組みなのかっての知りたいとか、パソコン教室の値段が知りたいとか。
いろいろなんか対応を考えられますよね。
なので一語とか、で二語でもまだちょっとエリアが狭いわけですね。
「パソコン教室 値段」ってやっても、どのエリアの値段なのかとか分かりにくいですよね。
「パソコン教室 広島 値段 一覧」とかだったら、大体広島市にあるとか広島県にあるパソコン教室の値段の一覧とかっていうのが出てきたら嬉しいって分かりますけれども、二語とか一語になってくると、検索意図っていうのが分からないんです。
分からないっていうことは、結局ユーザー自身もそこまで悩んでないってことだと思ってください。
またホワっとしてる状態ですね。
なんとなくパソコン教室っていうのがあるんかなみたいな感じで、パソコン教室っていうのを探してる段階なので、まだそこまで検索を深く掘ってないですね。
二語、三語。
二語じゃなくて三語以上になってくると、大体悩みが明確化してくるんで、その明確化したものに対して書いていけばいいんです。
二語だったら絶対1位から10位までの検索意図の結果がずれます。
検索意図っていうのは1位から10位までの結果が、結論というか大体こんなこと知りたいよねっていうところが、大体一緒なんですよ。
例えばさっき言った「広島 駅前 ランチ」で言うならば、広島駅前ランチが1位から10位まで一覧として並んでるはずなんです。
で、どこがいいかっていうのはちょっと分かんないけども、その情報から詳しいところがまあおそらく載ってると思いますよ。
はい。
でも二語でいくと、Googleもようは検索してる人も分かんないから、Googleも分からないんです。
おおよそこの辺かなとかって思ってみんなが大体見てくれてるよねっていうところのが上がって来てるってだけの話なんで。
二語でとか一語での1位から10位までっていうのはもうホワホワしますね。
もう動き回ります。
なのでそこで1位を狙うのは、基本的には難しいと思ってください。
なので三語、四語、そこキーワードでまずは1位を狙っていくことによって、その、さい、ページ自体が強くなってくるんで、まずはそこを目指してくるっていうことですね。
はい。
ということで、皆さんキーワード。
必ず三語で考えて、まずは三語で1位を狙っていくっていうことを考えてみてください。
はい。
では今日はこのぐらいにしたいと思います。
またお会いしましょう、さようなら。

いいねした人は
売り上げアップ!

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
curio-midorii

ミスターしかっち

■「広島」と「静岡」でパソコン教室を2店舗経営する代表取締役。 ■アフィリエイト大学校長 ■運営するサイトの月間PVは20万を超える 「パソコンが大の苦手だった」というユニークな経歴の持ち主が、超初心者にわかりやすくパソコンを教える。無料ユーチューブ動画の「ミスターしかっち」も大人気。 自身の集客から学び始めたマーケティングを元にホームページ作成にも応用。ブログにて集客を集める講座もアフィリエイト大学の中で行っている。

-ブログの書き方

Copyright© 商売人アフィリエイト大学 , 2019 All Rights Reserved.