集客できるブログの書き方を教えるウェブ学校

商売人アフィリエイト大学

経営の本質

ブログ集客!検索上位を狙いやすいキーワードの選び方3つ

投稿日:

Advertising Advetise Consumer Advertisement Icon

ブログで集客するときキーワードを選びますよね。

 

その時どうやってキーワードを選んでますか?

 

ブログを書く上でキーワードっていうのが1番重要。

 

キーワードを理解するとアクセスも集めれるし集客も簡単にできる。

 

今日はそんなキーワードの中でも検索上位を狙いやすいキーワードの選び方を説明していきます。

 

スポンサーリンク

1,検索ユーザーの質問の意図が想像できるキーワードを選ぶ!

検索っていうのは、1語よりも2語、2語よりも3語の方が、検索する人の質問内容が具体的に分かる。

治療院に集客したいという前提で行きますね

 

・「腰痛」って検索する人って腰痛の何が知りたいか分かりませんよね?

 

・「腰痛 ヘルニア」って検索する人は、ヘルニアについて知りたいってことが分かる。症状なのか?治し方なのか?家で行う痛み軽減方法が知りたいのか?あともう少し。

 

・「腰痛 ヘルニア 治療法」って検索する人なら、「ヘルニアのの治療方法が知りたいんだな」って簡単に想像できる。

 

ブログを書く側に立つと、この検索する人の質問の意図が分かりやすいかどうかで、答えの提供しやすさが変わる。

1語は検索ユーザーの質問の意図が想像しにくいから内容が広すぎて答えにくい。複合語になればなるほど、キーワードが1語より2語、2語より3語の方が質問内容は具体的に分かるってこと。

 

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

2,検索する人の質問に対して適切な答えが提供できるキーワードを選ぶ!

質問が理解できても、その答えがうまく提供できないキーワードは選ぶべきではない。

大事なのは、検索する人を十分に満足させるだけの情報を提供できるかってこと。

「腰痛 ヘルニア 治療法」っていうキーワードを使ってブログを書く側の人間が、ヘルニアの治療をしたことなければ説得力のある内容のブログは書けませんよね。

他のコンテンツや本の情報を得て書くとしても強いのはやっぱり専門家。

 

3,ライバルサイトが弱いキーワードを選ぶ!

せっかく力を入れて頑張って書いたブログなので検索上位に入れたいですよね。

だから、出来るだけ競合サイトが弱いキーワードを選んだ方がいい。

競合サイトの強さの判断するときは、まず以下の3点をチェックしてみること。

他にSEOチェックツールなどを使う方法もありますが、よっぽどでなければ必要ないんじゃないかと思います。

 

競合サイトのチェックするときに見るポイント3つ

・情報量が多いかどうか?

絶対ではないけど、文字の量が多く、幅広い情報が盛りだくさん書かれている記事は強い傾向にある。

 

・内部リンクが多いか?

適切に内部リンクが貼ってある分かりやすいサイトは強い。この適切にってとこ大事。内容が良くないサイトへのリンクやその反対の場合はSEO的に逆に評価が下がるので初心者は要注意!

 

・あなたが検索者という目線でサイトを見て満足できる内容か?

何か情報や説明が不十分だなぁとか文章が分かりにくいなぁと感じたら勝てる見込みあり。

 

 

キーワード選びは慎重に。

 

 

 

 

6月25日初心者向け無料ブログ勉強会

【ウェブ集客のすべてが学べる学校】

アフェリエイト、ブログ集客、パソコン操作を覚えたいあなたへ

→【商売人アフィリエイト大学とは?】

質問はこちらからどうぞライン@@kishiroでも検索していただけます。

ウェブ集客のすべてが学べる学校

商売人アフェリエイト大学は「アフィリエイト・ブログによるウェブ集客・初心者向けパソコン操作」をすべて総合的に学べるウェブ学校です。

無料のLINE@に登録して、もっと詳しいノウハウを手に入れてみる。

-経営の本質

Copyright© 商売人アフィリエイト大学 , 2018 All Rights Reserved.