アドセンス

ブログの書き方

google検索エンジンの仕組みを知ると上位表示できます|店舗向け

更新日:

ポイント

検索にはグーグルが大きくかかわっています。
グーグルの検索エンジンというのがあるのですが、それがあなたのホームページを上位にあげたり下げたりしています。

上位や下位に下げると皆さん思われていると思いますが、実際は違います。

検索者が検索したキーワードに対して、あなたのページはその要求を満たしているかいないか?

これがもっとも重要です。
満たしていないからあなたのページが上がってこないだけの事。

たったら、満たすようにしたら良いのです^^
その辺お話しています^^

はい、どうもどうも。ミスターしかっちです。

今日もパソコンの勉強しましょう。

今日は『ブログの基本講座・ブログを書く前に編』です。

『Googleの検索エンジンの特徴というのを知りましょう』と。

この特徴さえ知れば、もう上位は間違いないですね。

その秘密をばっちりお話してみたいと思います。

『SEO』というのはですね、検索した時に上位を表示されるようにする対策を行う事を言います。

検索してキーワードでやった時に上に上がってくるといいですよね。

知人のSEO対策と言うのは基本的には嘘が多いです。

巷で僕自身もこういった色々を知ったのは最近ですわ。

昔から色んな事を知ってましたよ。

色んな事を知ってましたけども、今思えばそれ全部嘘ですね。

昔はそれで成り立ったかもしれませんが、今はその情報全然役に立ちません。

これだけ知ってれば大丈夫というお話を今からしますので。

プロの話も嘘が多いですよ。

昔からやってる人とかね。

間違いないと思います。

という事で今からいう話だけを信じてください。

検索に引っ掛からない理由なんですけども、店舗名なら引っ掛かりますよ。

要は何かと言うと、『ユーザーの検索意図』というのが重要なんですよね。

検索キーワードを入れた時にどんな答えが欲しいのか、その答えを出しているサイトがあったらページが、サイトじゃないですね、ページですね。

ページがあったらそれが上がってくるという事だと思ってください。

最大のSEO対策、もうこれが答えです。

検索者の悩み解決。

スマートフォンが身近になった事によって、もうすぐに検索をするようになったんですね。

それでしかも言葉をちょっと入れたら、「この辺の事で貴方悩んでませんか?」みたいな感じで言葉がズラズラッと出てくるとか、そういうのサジェストと言うんですけど。

そしたらもう「これこれ」と言う感じで、もうキーワードボンボンボンと入れてやって検索していくという流れが凄く日常になってきたので、もうそのぶんで検索した結果の答えがあるページというのがズラッと出てくるんですよ。

SEOの順位というのは、基本的にはGoogleからの評価だと思ってください。

「このキーワードの時には貴方のページは何位でした」という。

1位だったら1位、10位だったら10位圏外だったら「貴方のページは全然そのユーザーの答えも求めてないですよ」と。

なので「ちゃんともうちょっと書き直してください」という評価が瞬時に下されてると思ってください。

それで下されてるのであれば、それをちゃんと直していけばいいです。

その1位とか2位とか3位とかの記事を見ながら、どういう事がそのキーワードによってユーザーは知りたかったんだろう?という事を勉強する必要があるんですよ。

その勉強したあとで、その中の中身を書き直す。

それで上位をどうやって今度は上げていくかなという事を考えていくという事が大切です。

もうこれが答え。

それでSEOというのは、キーワード単位で考えます。

SEOはキーワード単位。

それでキーワード全体をボコッと上げるのはまず無理なんですよ。

まずは1ページ毎。

「このページはこのキーワードで狙おう」

「このページはこのキーワードで狙おう」

「このページはこのキーワードで狙おう」

という感じでそれぞれページ毎で狙っていってください。

それが最終的にサイト全体を押し上げる事になるんですよ。

一度にサイトをボンっと上げる事は絶対に不可能です。

咳をしました。

それで1キーワードというと、皆さん大体勘違いするのが、1単語と思われるんですよ。

例えば「腰痛」というキーワードは、それはそれでいいですけど、そういう事じゃなくて、「腰痛・朝・激痛」とかというふうな一つのテーマ。

そういう流れ。

この3語とか4語とか2語とかね。

そういう事の答えを考えていくというふうに考えてください。

「腰痛」だけのという事じゃなくて、1キーワードというのは1単語じゃなくて、1キーワードは複数の単語。

大体3語とか4語ぐらいをイメージするといいです。

「ランチ・広島駅・イタリアン」とか、「パソコン教室・Excel・初心者向け」とかね。

色々あると思います。

そういった感じの流れで出てくるもの。

一番手っ取り早いのは検索をした時に、Googleの下の辺に「色々とこんな事今探されてますよ」みたいな一覧が出てきます。

サジェストと言いますけど、そういったので考えていくといいかなと思います。

それでキーワードでのページの順位を追う事がSEOになります。

サイト全体じゃなくて、1ページに1キーワードで考えます。

1キーワードというのは、複数の単語です。

その量を「これで1位になった」「これで1位になった」「これで1位になった」というのを上げていく事によって、そのサイト全体、サイトというのはホームページ全部の事ですね。

という事です。

タイトルに入れるキーワードは何語くらいが良いのか別記事で詳しく書きました。

タイトルに入れるキーワードは何語が良いですか?

じゃあ今日はこのぐらいで終わりにしたいと思います。

またお会いしましょう。

さよなら。

いいねした人は
売り上げアップ!

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

SG

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
curio-midorii

ミスターしかっち

■「広島」と「静岡」でパソコン教室を2店舗経営する代表取締役。 ■アフィリエイト大学校長 ■運営するサイトの月間PVは20万を超える 「パソコンが大の苦手だった」というユニークな経歴の持ち主が、超初心者にわかりやすくパソコンを教える。無料ユーチューブ動画の「ミスターしかっち」も大人気。 自身の集客から学び始めたマーケティングを元にホームページ作成にも応用。ブログにて集客を集める講座もアフィリエイト大学の中で行っている。

-ブログの書き方

Copyright© 大人が遊ぶ株式会社 , 2019 All Rights Reserved.